So-net無料ブログ作成
検索選択

カルメン・マキ&OZ [アナログ・コレクターの覚書]

6月最後の日である。

昼間、職場の窓から、どんよりとした梅雨の空を眺めながら、6月には必ず聴かないといけないレコードを、今年はまだ聴いていなかったことに気づいたのであった。

ってことで、今日は、帰宅早々、このレコードを聴いていた。


20170630-1.jpg


1975年にリリースされたカルメン・マキ&OZのデビューアルバム(Polydor MR 5053)である。

11分39秒におよぶ大作「私は風」がこのアルバムのハイライトであることは間違いないし、先行シングル(つまりデビューシングル)だった「午前1時のスケッチ」も魅力的だが、ボクはとにかく1曲目「六月の詩」が好きなんである。

だから、6月には必ず聴かないといけないレコードなのだ。

そんな大好きなレコードだから2枚持っている。
と言いたいところだが、別にそういうわけでもない。

「もともと持っていたレコードに帯がなかったので帯付きを買った」というコレクター的にしごくマトモな理由で2枚もっている、というわけでもない。

初盤探しのために掘ったわけでは、もちろんない(笑)

&OZを中心にカルメン・マキのレコードが5枚セットでヤフオクに出ていて、「&OZのデビュー盤以外持ってないのでちょうどいいや」と落札したらダブってしまったという、ボク的にはけっこう珍しい理由で(でも、一般的にはあるあるの話?)2枚持っているのだ。

さて、2枚になって発見したこともある。
ひっくり返して裏ジャケを見てみよう。


20170630-2.jpg


もう気づいただろうか。
そう、手前の盤には左下に白い文字が見える。これは、¥2,200という定価表示だ。

表示のないほうも¥2,200だし(帯に書いてある)、いったん入れた定価表示を後で消すというのも考えにくいので、定価表示がないほうが先だろう。

実際、盤のほうのRunoutを見ると次のようになっている。
(メインのマトは同じなので、両面のマザー/スタンパー?情報である。)

定価表示なし SideA A-2-19 SideB A-2-26
定価表示あり SideA A-2-20 SideB A-2-28

まぁ、ちょっとしか違わないんだが、一応定価表示なしが先だとわかる。
それに、聴いてみると、このちょっとの差以上に、音の鮮度の差は感じたりする。

とはいえ、少々ぎゃんぎゃんしたマスタリングで、音質的にはあんまり好みではないんだが・・・
(ってことで、このレコード、ぺカム(George Peckham)あたりがマスタリングしてくれてたら、とんでもない名盤になったんじゃないかと夢想したりするのである 笑)

名盤であることは間違いないんだけどね。


一応レーベルも載せておくが、まぁ、普通のPolydorの赤レーベルである。


20170630-3.jpg


定価表示ありとなしで、レーベルに違いはない。

そうそう、このレコードには薄いテクスチャーが入った歌詞インサートがついている。


20170630-4.jpg


これが見開きになっていて反対側が歌詞なのだが、開いてみると内側がポスターである。


20170630-5.jpg


ジャケットも素敵だし、なかなか所有欲を刺激するレコードなのである。
それにもかかわらず、500円~1000円くらいで買えるのがいいよね(笑)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0