So-net無料ブログ作成

ハズレなの? [アナログ・コレクターの覚書]

レコード・コレクターズはすでに8月号の内容が告知される時期に至っているのに、7月号の話題である。

聴く音楽のジャンルの幅が広いと、メジャーなアーティストでも素通りしてしまうことがある。
ボクにとってAC/DCはそんな存在で、なんとなーく素通りしていた。

だから、紙ジャケ探検隊の初盤道第3回は傍観者を決め込むつもりだった。

オーストラリア盤やら(これぞ初盤道!)UK盤やらUS盤やら、相変わらず、どっぷりと深い世界が展開されていて、傍観者として楽しむには恰好の記事だったのだが、しかし、「これが脳天を突き刺す音圧、唸りまくる低音と、まさしく”ロック魂”と言える仕上がり。」と煽られると、聴いたことないレコードなのに、UKオリジナルの音が聴いてみたくて我慢できなくなってしまう。

ebayで探してみると、「これはもしかして?」というのが見つかった。
ってことで買ってしまった(笑)


20170707-1.jpg
<レコード・コレクターズ7月号と、オランダから届いたUK盤”LET THERE BE ROCK">


オランダのセラーで、送料がたったの4ドルである。
大丈夫か?と思ったのだが、無事1週間で届いた。
オランダからレコード買ったのって初めてなんだけど、オランダって送料安いのね。

さて、買ったレコードなのだが、「これはもしかして?」と思ったものなので、UKオリジナルだとはっきり書いてあったわけではない。
単にレーベルがファーストプレスっぽいと思っただけである。


20170707-2.jpg


じゃ、実際どうだったか?

見事にハズレた(笑)

両面Allenのサイン入りのマト2である。

ちぇっ・・・

たった4ドル(ゆうメールの国内送料とかわらん 笑)で1週間で届いちゃうなんて「偉いぞオランダ!」と上がった気持ちが、一気に沈んだのであった。


とはいえ、内容的にはかなり良さそうなレコードらしいので、とりあえず聴いてみたのだが・・・

これがもうまったく不満がない音なのである(笑)
鮮度感も十分に感じられるし、音圧だって低域だって「これがUKオリジナルの音だよ」って言われたら、「なるほど、いいねー」と納得してしまいそうなぐらいなのだ。

これでホントにハズレなの?

ファーストプレスは、これよりも凄い音なの?
そんな凄いの?
だとしたら、とんでもない音だよ?


「脳天を突き刺す音圧」

「唸りまくる低音」

「まさしく”ロック魂”」


そうですか、そうですか。
わかりましたよ、さがしますよ。

まぁ、でも、しばらくはこのAllen盤で楽しむけどね(^_-)-☆

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0