So-net無料ブログ作成
検索選択

Elton John, Elton JohnのUKオリジナル [アナログ・コレクターの覚書]

先日ebayの即決で買ってみたブツは今週の頭には届いたのだが、どうも手持ちの二枚よりレイトプレスな気がする。
ってことで、相変わらずファーストプレスの特徴はよくわからないのだが、一応これまでにわかっていることを推測も含めてまとめておこう。

とにかく、一つ、どうにも不可解なことがあるので、知恵と情報を提供して欲しいのである。


さて、現時点でボクの手持ちは3枚になった。


20170408-1.jpg


この写真で判別できるかどうかわからないが、手前と左奥が同じジャケ(細かく見れば微妙な違いはあるが個体差だろう)で右奥だけが少し違う。

少し近寄ってみよう。


20170408-2.jpg


これでわかるだろうか?
奥がかなり凹凸のはっきりしたテクスチャーで、手前が和紙(あるいはザラ紙?)のようなテクスチャーである。
先日ebayの即決で手に入れたのがこの手前のものだ。

ちなみに、どちらもE.J.Day製である。


20170408-3.jpg


ってことで、これはもう、どちらかが先でどちらかが後だろう。
でも、テクスチャーが二種類あって、どっちが先かなんて情報は、どこにも書いてないのである。

レコードのほうに目を向けよう。

Discogsによると、このレコードのMatrix末尾には次の4つのバリエーションがあるようだ。
Discogs上ではすべて手書き(etched)マトということになっている。

①DJLPS 406 A2/DJLPS 406 B1
②DJLPS 406 A3/DJLPS 406 B1
③DJLPS 406 A4/DJLPS 406 B1
④DJLPS 406 A4/DJLPS 406 B4

「それなら、A2/B1がファーストプレスで決まりだろ?」って声が聴こえてきそうだが、そう簡単ではないのである。

まず、ebayでこのレコードのUKオリジナルを検索してみてほしい。
A4/B1の赤い半透明盤(red translucent vinyl)がファーストプレスだって言ってるのがちらほらヒットする。

A4/B1がファーストプレスってだけなら、たまにヤフオクとかでも見かける勘違いオヤジかと思うが、赤い半透明盤てのはどうにも気になってしまう。

もう察しがついたことと思うが、ebayの即決で買ってみたのは、その赤い半透明盤なのであった。


20170408-11.jpg


お~
赤く透ける~
少しエッチ(笑)

じゃ、このA4/B1がファーストプレスなのか?
まぁ、これは聴き比べてみるしかない。

あいにくA2/B1は持っていないが、A3/B1なら持っている。
ついでに半透明じゃないA4/B1もある。

でも、聴き比べの結果を話す前に、レーベルとMatrixの写真を載せておこう。
実に不可解なことがあるのだ。

まず、これがA3/B1盤のレーベルである。


20170408-4.jpg


レーベル中央部に窪みがあるのが特徴だ。


Side1のMatrixは機械打ちだ。


20170408-5.jpg


Discogsでは末尾3も手書きとなっているが、うちにあるのと違うものがあるのだろうか?
これがないとは言い切れないのである。
その理由を明らかにするために、話を先に進めよう。

Side2のMatrixは手書きである。


20170408-6.jpg


次に、以前から持っていたA4/B1盤のレーベルはこうなっている。


20170408-7.jpg


レーベル中央の窪みのような部分がA3/B1盤より狭いのは写真でもわかるかと思うが、違いはもっとはっきりしていて、こちらのレーベル中央部は窪みのように見えて実は窪んでいない。
もっともレーベルの記載内容は同じである。

こちらの盤は、Side1のMatrixも手書きである。


20170408-8.jpg


Side2のMatrixももちろん手書きである。


20170408-9.jpg


ここで、気づいた方も多いだろう。
そう、Side2のB1が、A3とA4で違うのである。

わかりやすいように、写真を並べてみよう。


20170408-6.jpg
20170408-9.jpg

406の6の部分とその後のBの部分を見比べると、別物であることがはっきりわかる。


最後に、半透明盤のレーベルはこうなっている。


20170408-10.jpg


レーベルの最下部に”Made In England"と入っているのが特徴だ。
Matrixは以前から持っていたA4/B1とまったく同じである。

肝心の音のほうなのだが、これはもう圧倒的にA3/B1が良い。
Side1についてはベールが二枚も三枚もはがれた感じである。
Side2については、A4盤もB1なので、そこそこ鮮度の高い音はするのだが、それでもA3盤のほうが一枚ベールが剥がれた音だ。

半透明盤は、盤の材質のせいか、通常盤のA4/B1よりもさらに眠い音になる(笑)

それに半透明盤には”Made In England"が入っているので、これ、レイトなんじゃないかと思うのである。
Elton JohnのUK盤も全部そろえてるわけじゃないし、持っているものもファーストプレスなのかわからないので参考程度だが、"Don't Shoot Me I'm Only The Piano Player"あたりから”Made In England"入りになっているので、そのあたりで変わったのかなと。

ってことで、半透明盤はファーストプレスどころか、サードかフォースだと思うし、通常盤の”Made In England"無しのA4/B1がその前のセカンドかサードだと思うのだが、B1が2種類あることからして、A2/B1が手書きだとすると、機械打ちA3/B1とどっちが先かはわからない(手書きA3/B1があるとするとさらにその前後関係も不明)。

最終的には、A2/B1を手に入れて聴き比べてみるしかないのだが、これがねぇ・・・ないのよね・・・

タグ:Elton John
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽