So-net無料ブログ作成
テニス ブログトップ
前の5件 | -

祝!デ杯WG残留! [テニス]

デ杯ワールド・グループ(WG)残留をかけたプレーオフ、日本対ウクライナ戦が大阪の靭(うつぼ)テニスセンターで行われているが、日本チームは3連勝で見事にWG残留を決めた。

まぁ、今日のダブルスは、錦織選手/杉田選手のペアだし、相手(スタコフスキー選手/スミルノフ選手のペア)も強敵というわけではないので、決めてくれるとは思ってたけどね。
結果は、6-3 6-0 6-3のストレートで完勝。やっぱり強かった。

WG残留にとって大きかったのは、やっぱり、昨日のシングルスの2連勝だ。
正直、下手をしたら2連敗もありうると思っていたからなぁ。

ダニエル選手(世界ランキング88位)は、スミルノフ選手(321位)と対戦予定だったのが、体調不良とかで急遽スタホフスキー選手(105位)と対戦。
スタホフスキー選手は、ダニエル選手とランキング的に大差ない選手であるうえに、ベテランで実績もある。
それを、7-6(4) 7-6(2)と2セットをタイブレークで連取するという粘り強いテニスの末に、最後は根負けした(?)相手を6-1で圧倒した。
これで日本チームは波に乗ったのかもしれない。

続く西岡選手(96位)は、マルチェンコ選手(50位)と対戦。
ランキング的には、かなり格上である。
しかも、先日の全米オープンでは4回戦まで進出している(優勝したワウリンカ選手に負けた)。
西岡選手にも勝ち目がないわけじゃない(メンフィスでは勝ってるし)けど、かなり厳しいと思ってたんだよねぇ。
ところが、結果は6-4 5-7 6-4 7-5、4セットで勝負を決めた。
まったくもって素晴らしい!

錦織選手に続く若い力が確実に育ってきているのがなにより嬉しいのである。

さて、次は楽天ジャパンオープンだ。
錦織選手はもちろん、ダニエル選手も西岡選手も出場する(ワイルドカードで出場)。
もうすごく楽しみなのである。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トップ5 [テニス]

今日は日曜なのに仕事。
へとへとに疲れて帰宅し、ソファに身体を埋めたとき、なんとなーく「明日発表されるランキングで錦織選手は何位になるんだろう?」と気になった。

土曜の朝に準決勝を観ていたとき、「ワウリンカ選手に勝って決勝に進出したら、週明けのランキングでは3位に浮上する」と言っていたけど、負けたら何位になるのかは言ってなかったよな・・・

ATPのオフィシャルサイトを見てちょっと計算してみると、フェデラー選手とラオニッチ選手を抜いて5位に浮上する(計算が間違ってたらごめんなさい)。

錦織選手の全米オープンは、確かにベスト4に終わった。
ボクも敗戦の残念感が強くて話題にする気力が沸かなかったのだが、オリンピックイヤーの過酷なスケジュールの中で、グランドスラムのベスト4(しかもマレー選手に勝ってのベスト4なのだ!)というのは、考えてみたら素晴らしく立派な成績である。
その成績を反映しての5位浮上だ。

しかも、今シーズンの錦織選手は、グランドスラムに次ぐ大きな大会であるマスターズで、二度の決勝進出、二度のベスト4という結果を残している。

まさに安定した実力を身に着けた結果としてのトップ5だ。

そう考えたら、残念感よりも期待感のほうが大きくなってきた。
今シーズン、まだマスターズ大会が二つ残っている。
まずはそのどちらかで優勝して欲しいなぁ。

おっと、その前に、デ杯のWGプレーオフのウクライナ戦と楽天ジャパンオープンがあるんだった。
なんだかすごーく楽しみになってきたぞ。

タグ:錦織圭
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

祝 銅メダル! [テニス]

錦織選手、銅メダル獲得おめでとう!

準々決勝のモンフィス選手とのゲームは精神力がすごいと思ったけど、今日の三位決定戦は、テニスの内容がとにかく凄かった。

ナダル選手の調子だって悪くなかったのである。
でなきゃ、セカンド・セットをあの劣勢から逆転できるわけがない。

そのナダル選手を抑え込んでの見事な勝利だ。

これは全米オープンがすごーく楽しみになってきたのである。
その前に明日から始まるシンシナティがあるけど、まぁ、これはオリンピックの疲れもあるだろうし、あまり無理しないほうがいいかな。

とにかく、銅メダル獲得おめでとう!

タグ:錦織圭
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ハレ [テニス]

ドイツのハレで開催されているゲリー・ウェバー・オープン、錦織選手は二回戦棄権で終わった(ウィンブルドンまでには脇腹を完璧に治してほしいものである)が、ベスト4が出揃った。

トップハーフは、予想通りのフェデラー選手に、若手成長株の一人ズベレフ選手(19歳)、ボトムハーフは、やはり予想通りのティエム選手(22歳)、そして本来なら錦織選手が勝ち上がってくるところにマイヤー選手だ。

普通に考えれば、フェデラー選手の連覇が濃厚というところなんだろうが、いや、でも、ちょっと待てよ・・・

フェデラー選手の相手となるズベレフ選手は、急成長(現在のランキングは38位だが、シーズン当初は83位で着実に上げてきたのだ)の若手で、しかも地元ドイツの選手である。
フェデラー選手が勝ちあがるとしても、かなり苦戦しそうだし、場合によっては、ズベレフ選手が勝ちあがる可能性もそれほど低くない気もする。

一方、ティエム選手の相手となるマイヤー選手は、やはり地元ドイツの選手だが、プロテクトランキング(怪我で長期欠場していた選手に対する救済措置として認められる暫定ランキング)で出場の選手だ。
こちらは、ティエム選手が勝ちあがる可能性がかなり高いと思う。しかも、もしかしたら、かなり楽な試合運びで。

決勝がフェデラーvsティエム戦になった場合、フェデラー選手レベルだとさすがに同じ選手に2大会連続で負けることはないとは思うのだが、準決勝の疲れの残り具合が両選手で差がありそうだし、ティエム選手のほうは準々決勝をコールシュライバー選手の棄権で勝ちあがっていて、しっかり休養もとれているのである。

かなーりティエム選手に有利な材料がそろっているのだ。

ってことで、ティエム選手の2大会連続優勝なんて可能性もかなり高くなってきた気がするのである。


ウィンブルドン前哨戦となる二つの大会での連続優勝、これが何を意味するか・・・

今日の準決勝がとにかく楽しみなのである。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

グラスシーズン [テニス]

気がつけば、テニス関連の記事は3月26日以来書いていない。
テニスの試合をテレビ観戦することはストレス解消になるので、忙しいときでも可能な限り観てはいるのだが、ブログの記事を書きたくなるほどテンションが上がらなかったのであるσ^_^;

やっぱり、錦織選手には、BIG4に勝ってもらわないとねぇ・・・
とはいえ、錦織選手の今シーズンの成績は、昨シーズンと比べても遜色ない。

マスターズのマイアミ大会での準優勝は立派だったし、クレーシーズンに入っても、バルセロナの準優勝は残念だったが、マスターズのマドリッド大会とローマ大会で二大会連続の準決勝進出は素晴らしかった。

全仏ではガスケ選手に準々決勝進出を阻まれてしまったが、本人はあんまり意識しないとは言っていたものの、全仏でフランス人選手が登場したときの雰囲気は凄いからなぁ・・・なんとなく、仕方ない気がする。

昨シーズンだって、フランスのツォンガ選手に準決勝進出を阻まれたわけだしね。


6月に入り、ウィンブルドンで最高潮に達するグラスシーズンが始まっている。

ナダル選手のウィンブルドン欠場なんて残念なニュースも入ってきているが、全仏を欠場したフェデラー選手が戻ってきている(今シュトゥットガルトで開催されている大会に出場して準決勝に残っている)のは、やっぱり嬉しい。

錦織選手は、13日からハレで行われるゲリー・ウェバー・オープンに出場するが(今日から始まる予選には、伊藤選手、杉田選手、西岡選手と3人の日本人選手が出場する)、大会のオフィシャルHPでDLできるプログラムを見ると、今日の予定に”1.15 p.m.: Tournament draw (main draw)とある。

時差は7時間のはずだから、日本時間だと8時15分か。
今年のゲリー・ウェバー・オープンて出場選手がけっこう粒ぞろいで、ドローもかなり気になるのである。


<追記>
ドローが発表になったので見てみたのだが、錦織選手の初戦の対戦相手はプイユ選手(22歳)になった。
現在のランキングは29位だが、この数か月で急激にランキングをあげてきた選手なので、まったくあなどれない。

そのあとも、二回戦はともかく、QFでフェレール選手に当たりそうだし、SFではティエム選手に当たりそうだ(芝だし、カルロビッチ選手の可能性もあるけど、何しろティエム選手はさっきフェデラー選手に勝っていて、すこぶる調子がよさそうなのである)。

決勝はフェデラー選手との対戦になりそうだ。
(ウィンブルドンに向けて、どんどん調子をあげてくるのがBIG4である。)

なんだか、ワクワクしてきた(笑)

タグ:錦織圭
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - テニス ブログトップ