So-net無料ブログ作成
検索選択

届くか?―届いた(笑) [ETC]

帰宅したのは18時数分前。

ポストには、郵便局からの不在連絡票が2通。

速攻で24時間自動受付に電話をして、一つ目の荷物を当日(つまり今夜)19時~21時に配達してもらう手続が完了。

最後に「他に荷物をお預かりしている場合は1を・・・」というメッセージ。
(正確には少し違うかもしれません。)

もう一つ荷物があったので、1を押す。
で、手続を繰り返す。

配達日の指定のところでは「先ほどの荷物と同じ配達日をご希望の場合は1を・・・」というメッセージ。
(正確には少し違うかもしれません。)

このメッセージって初めて聴くなぁと思いつつ、1を押すと・・・

「本日配達の受付は終了しました・・・」

はぁ?
そりゃ、まぁ、18時を数秒過ぎてはいるが・・・

別の日時を指定しろというが、そしたら逆に混乱しそうなので、とりあえず電話を切ってしまった。

でも、考えてみると、これって、前の再配達依頼手続は完了してるんだろうか?

答えは遅くとも21時には判明する(笑)


<追記>

記事投降後、5分で到着(笑)

無事、二つの荷物ともに届いた。

融通の利かない機械と違って、人間はちゃんと融通を利かせてくれるなぁ。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

くじ運 [ETC]

くじ運は良いほうではないと思う。

いや、はっきり言って悪いほうだ。

記憶を探っても、ほとんど当たった憶えがない。

まぁ、でも、その分、ほかで運を使ってるんだろうと、自分を納得させている。


ってことで、以前の記事で話題にした「明日への手紙 プレミアムエディション(完全生産限定盤) 」についていたプレゼント応募券の応募も、どうせ当たらないだろうと、応募した後、すっかり完全に忘れていた(笑)


そしたら・・・


タグ:有村架純
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

それでも世界は素晴らしい [ETC]

気がつけば一月も終わりである。
4週間ぶりの更新かぁ・・・今年はもう少しマメに更新しようと思ってたんだけどな。

仕事が忙しかったということもあるのだが、一月近くも潜ってしまったのは、今月10日、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)氏の訃報のせいだ。
彼の死はショックだった。
日に日に大きくなってゆくその衝撃は、ボクにはかなり予想外のもの(そりゃ確かに好きなアーティストではあったけれど、自分にとって彼がこれほど大きな存在だとは思っていなかった)で、その喪失感にどう対処したらいいのか少々途方に暮れていた。

毎日なにかしら彼のレコードやCDをひっぱり出しては聴いていたが、それをブログの記事にする気にはなれなかった。

それは今でも同じである。
彼のことを語れるようになるには、ボクにはもう少し時間が必要みたいだ。


生きていたら、否応なく、いろいろなことが起こる。
悲しみや寂しさに飲み込まれそうになることもある。

それでも世界は素晴らしい。
それだけは信じていよう。


ちょうど永田ジョージさんがウクレレ奏者のTomoki Satoさんとコラボした"What a Wonderful World"を公開していた。





初めて聴いたとき、思わず涙が溢れてしまったEva Cassidyバージョンも貼り付けておこう。




コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

同郷 [ETC]

miwaちゃんとハジ→さんのコラボ「夜空。」のDVD付初回限定盤は、先週、森恵さんの「small world」といっしょい届いていたのだが、CDはすぐに聴いたものの、「夜空。feat. ハジ→」のMVが収録されていないということもあって、DVDのほうは今日になって初めて観た。

最初に収録されている「夜空。feat.ハジ→」レコーディングメイキングにejiさんが出てきて、そういえばナタリーのインタビューかなんかで、miwaちゃんが、「ハジ→さんとの間を取り持ってくれたのは双方のライブ・サポートをしているejiさんだった」みたいな話をしてたなぁ、なんてことを思い出した。

ejiさんといえば、moumoonのサポートもしていて、けっこう馴染みのあるキーボーディストだ。
でも、顔がわかるくらいでよくは知らなかったから、なんとなく検索してみると、オフィシャルブログに辿り着いた。
そこでちょっとビックリ。

先週末に、実家にとんぼ返りしてお祭りに参加してきたという記事があったのだが、そのお祭りというのが、ボクの実家のある小さな町のお祭りだったのである(写真と地名ですぐにわかった)。

つまりは、ejiさんとボクは同郷だったわけだ。しかも、同じ町の出身というレベルの同郷である。
同じ県出身というだけでもけっこう親近感が沸くが、同じ市の出身となるとさらに親近感も高まる。
さらに狭い、町レベルでの同郷となると、これはもう相当の親近感である。
っていうか、年齢的に、知り合いの娘さんという可能性もある(笑)

毎年というわけではないが、夏に両親の顔を見に実家に帰るときは、ボクもお祭りに合わせて帰ることが多い。

15年ほど前にお祭りに合わせて実家に帰ったときの写真があったので載せておこう。


20150829.jpg


15年前だから、ユウは小学1年生かな?

タグ:eji
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5月最後の週末に [ETC]

パリは雨模様で、本来ならとっくに始まっていてもおかしくない錦織 vs ガバシュビリ戦は、まだまだ始まりそうにない。

ってことで、イバノビッチ vs マカロワ戦など観ながら、これを書いている。


この週末、実を言うと、錦織選手の試合以上に、ボクにとって一大イベントと呼ぶべき出来事があった。
3月末に購入した新車が、昨日の朝、納車されたのである。

ボクは車にはまったくこだわりはないんだけど、それでも新車は単純にうれしいし、納車されるまでワクワクしながら待っていたし、昨日今日は、用もないのに近場をうろうろドライブしながら(ちょっと遠出できる時間まではなかったのです)ニマニマしていたりした。

ユウもうれしそうだったんだけど、新車がうれしかったのか、それとも、単純に車で出かけるのがうれしかっただけなのか、ボクにはわからない(笑)


車を買い替えるとき、一番考えたのは、燃費だった。
ケチとかエコとかそういうことより、震災直後にガソリンが入れられなくて困り果てた記憶が、ずっと頭のどこかにこびりついていたからである。

あの日以来、ガソリンの入れ方も変わったしねぇ・・・
以前は、タンクが空になりそうになって慌ててスタンドに行っていたけど、あの日から、残量が半分くらいになると満タンにするようになった。

今度の車はHybridなので、以前の車に比べて燃費は3倍以上である。
少し安心材料が増えたなぁ・・・と思った矢先、夕べ少し大きな地震(しかも長い!)があって焦った。

最近、地震とか火山の噴火とか多くて、なんだか地球が怒ってるみたいだ。
地球が本気で怒ったら、人間は無力だろうなぁ・・・

まぁ、そんな心配をしていても仕方ないので、今は単純に新しい車との生活をユウといっしょに楽しもう。
遠出のドライブでもしたときには、自然がいっぱいの風景の中で、新車くんの写真も撮ってあげようかな。
そのときまで、新車くんの顔も名前も秘密です(笑)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感