So-net無料ブログ作成
検索選択
アナログ・コレクターの覚書 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

Clannad, Past Present [アナログ・コレクターの覚書]

2週間ほど前のことだったか、ツイッター上でクラナド(Clannad)の話題で少し盛り上がって、ボクも1989年リリースのこのベスト盤"Past Present"(PL74074)を引っ張り出して聴いていた。
ベスト盤だからこのレコードを選んだわけではなく、クラナドはこれしか持ってなかっただけだけど(笑)


20170519-9.jpg


収録楽曲のクレジット等が掲載されたインナースリーブ付き。

ベスト盤だからなのか、ジャケの作りもけっこう凝っている。
ジャケットの表裏いずれにも(さらに言えばインナースリーブにも)リボン?でできた顔のデザインが描かれているのだが、表側のそれは、丁寧にエンボス加工されている。


20170519-2.jpg


バンド・ロゴとタイトルもエンボス加工だ。


20170519-3.jpg


そのほかにも、表裏ともに写真の部分のみニス塗コーティングで光沢を出し、ほかの部分をマットに仕上げて写真部分を際立たせていたりして、芸が細かい。


20170519-10.jpg


レコードそのものはドイツ・プレスだが、イギリスのUtopia Studiosでカッティングされている。
これがイギリスも含めたヨーロッパ標準仕様のようだ。
手持ち盤のMatrix末尾はA-3/B-1で、Discogsにもこれしか出ていないが、もっと若いのがあるのかどうはわからない。
まぁ、ベスト盤だし、どうでもいいか(笑)

ベスト盤なのだが、実は、1983年の"Magical Ring"から1987年の"Sirius"までの4枚のアルバムから選曲された12曲に新曲2曲を加えた内容なので、1982年の"Fuaim"以前の楽曲は収録されていない。

1969年から活動していて、デビューアルバムを1973年にリリースしているバンドなので、デビューから10年分がすっかり抜けているのである。

クラナドについては、なにせこのベスト盤しか聴いたことがなかったので、ちょこっと調べてみると、どうやら"Magical Ring"以降というのは、音楽性が変化して「売れた後」らしい。
「売れる前」は、かなりコテコテのアイリッシュ・トラッドをやっていたようだ。

確かに、このベスト盤に収録の曲は、アイリッシュ風味ではあるがそれなりにポップで洗練されていて聴きやすい。

そこで「じゃ、『売れる前』はどんなだったんだろう?」となんとなく興味がわいた。

便利な時代である。
YouTubeで探せば、すぐに聴けてしまう。
ってことで、何曲か見つけて聴いてみた。
そしたら、そこで、思わぬ出会いがあったのである。

でも、その話は、また明日(笑)
タグ:CLANNAD
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

The Police, SynchronicityのUSオリジナル(パート3) [アナログ・コレクターの覚書]

ポリス(The Police)「シンクロニシティ(Synchronicity)」のUSオリジナル盤だが、以前の記事(http://sawyer2015.blog.so-net.ne.jp/2016-12-18)を書いたあと、もう一枚買ってみた。

ってことで、手持ちは3枚になった。


20170506-1.jpg


3枚手に入れて並べて眺めると、93種類あるってのをあらためて思い知らされる。
帯一本単位でも写真の配列が同じものが一つもない。

さて、今回手に入れた盤の話をしよう。

以前の記事の最後にも書いたように、ES(Electrosound Group Midwest, Inc.)工場産の半透明盤を探す必要があったのだが、それを手に入れたわけではない。

もともと3桁価格でゴロゴロしているレコードなので高いお金を払う気にはならず、ebayで探すという選択肢はなかった。
ヤフオクの格安レコードまとめ買いとかで、うまいこと手にはいらないかと企んでいたのだが、そううまくはいかない。

もっとも、3枚目は、ヤフオクの格安レコードまとめ買いで手に入れたものではあるのだ。
でも、格安すぎてMatrix末尾は聴くに聴けなかったし、このフライヤーが手に入ればいいやって気持ちで落札したものなので、届いたものは、確かに半透明盤ではあったもののES工場産ではなかったのである(まぁ、そんなにうまくいくもんじゃないよね 笑)。


20170506-2.jpg


さて、では、3枚目はどんな盤だったかというと、RCA工場産の末尾5/5(つまりRCA5/RCA5)というものだった。
両面にMASTERDISK刻印があり、Side1にのみRL刻印がある。

Matrix末尾5/5なので初期プレスと言っていいのか微妙だが、それでも先に書いたように半透明盤なので、初期プレスの仲間に入れてもいいだろう。

3枚目が届いたとき、「またRCA工場産かよー しかも5/5とか思いっきり進んでんじゃんかよー」とがっかりしたのだが、しばらくして、ボクはふっと疑問に思った。

「なんでまたRCA工場産なんだ?」

紙ジャケ探検隊がよく言っていることだが、アメリカからの輸入レコードは西海岸から船で運ばれたのか、日本国内にあるのは西海岸産のものが多い。

ってことは、国内にあるものをテキトーに買えば、西海岸産に当たる確率はかなり高いはずである。

「それなのになんでまたRCA工場産なんだ?」

以前の記事では、東海岸向けがEUR(EUROPADISK)工場産で、中部向けがRCAのインディアナ工場産だとすると、西海岸向けはES工場産てことになるはずだという結論だった。
そうだとすると、テキトーに買えばES工場産に当たりそうなもんである。

「それなのになんでまたRCA工場産なんだ?」

ここでようやくボクは自分の間違いに気づく。
そもそも、ES工場産は西海岸向けではなかったんじゃないか。

ってことで、ボクはDiscogs掲載の大量のUS盤データと再び向き合ってみたのだった。
そこでいくつかの分析結果を導き出すことができたのだが、これがなかなかに興味深い。
(見落とし等による間違いがあったら教えてください。)

1. EURはMatrix末尾4/4までしかない。
2. ESはMatrix末尾3/3までしかない。
3. RCAはMatrix末尾6/6まである。

さて、ESが西海岸向けだとすると、ラッカー数が一番少ないのはおかしい。
ニューヨークのEUR(EUROPADISK)が東海岸として(ちなみに、EUROPADISKはUK等外国向け原盤のメタル処理もしていたようだ)、ESとRCAのどちらが中部向けでどちらが西海岸向けかといえば、これはもう倍のラッカーが切られているRCAが西海岸向けだろう。

どうやら、ボクは勘違いをしていたようだ。
テキトーに買ったらRCAが来たというのは必然だったのである。

では、A&Mは西海岸の会社だからRCA工場産がオリジナルなのかというと、これはどうも違いそうだ。

Matrix末尾のプリフィックスがMの盤があり、これがどうやらロサンゼルスにあるモナーク(Monarch Record Mfg. Co.)工場産のようで、また、先行シングル「見つめていたい」(Every Breath You Take)のテストプレスがモナーク工場産であることも情況証拠にくわえて、紙ジャケ探検隊の10年前の特集記事ではモナーク工場産がオリジナルと推定されていたのだが、A&Mとモナーク工場との長年の関係を考えると、確かにこの可能性はある。
(ちなみに、モナーク工場は、「シンクロニシティ」の初期プレスにおいてはメイン工場として使われていなかったようなので、初期プレスのモナーク工場産は相当に希少だと思う。レイトの―つまり透けない―モナーク工場産ならやまほど転がってるけど。)

でも、ボクは、もう一つの可能性を考えている。
ES工場産がオリジナルの可能性である。

何故中部向け工場産がオリジナルになるのかと問われるとその疑問には答えられないのだが(笑)、どうにも気になる事実が二つあるのだ。

一つは、Discogs上の大量のUS盤データを眺めていて気づいたことなのだが、「EURとRCAは片面にしかRLがないものがほとんどなのに、ESはすべて両面にRLがある」のだ。
なんだか、最初にRLがカッティングしたのはESだって気がしてくるでしょ?(笑)

それから、popsike.comで検索して発見したのだが、2010年に落札されているUSテストプレス(半透明盤)がElectrosound Group Midwest. Inc. 製なのである。

ってことで、やっぱりES製半透明盤をなんとか手に入れたいのである。


でも、実を言うと、あんまり、いや、まったく必死になっていない(笑)
2枚目として手に入れた半透明盤RCA3/RCA1が、すこぶる良い音だからである。

3枚目を手に入れたので、B1「見つめていたい」で比較視聴してみたのだが、半透明盤RCA3/RCA1が音色・分離・立体感においてダントツだった。
透けないEUR4/EUR1は、半透明盤RCA3/RCA1のスタンパーがそのままなまった感じ。
半透明盤のRCA5/RCA5は、なまった感じはまったくしないのだが、なんだか少し音が痩せて迫力が削がれている。

まぁ、比較しなきゃどれもRLカッティングらしい良い音なんだけどね(笑)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

The Michael Schenker Group 1st [アナログ・コレクターの覚書]

<情報をいただいたので追記しました。>
<さらに画像をいただいたので追記しました。>

HR/HM系のレコードは、ときどき無性に聴きたくなることがあるが、熱心なファンというわけではないので、マイケル・シェンカー・グループ(The Michael Schenker Group)についても全アルバムを揃えているわけでもなければ、聴きこんでいるわけでもない。

ってことで、オリジナルを集めているということはまったくない(笑)

ただ、ファースト・アルバムについては、持っているのがドイツ再発盤一枚で、これがかなりねむい音だったので、そのうち買い替えたいとは思っていた。

それで、なんとなーく米盤(CHE 1302)を買ってみたのだが、これがかなりのアタリだった。


20170428-1.jpg


曲によってはMIXに不満があるものもあるのだが、マスタリング自体はとても良くて、実に良く鳴る。

もちろん米盤と言ってもいろいろありそうだが、ボクが手に入れたものは、おそらくファーストプレスで間違いないと思う。

レーベルは、1977年から使われている青白レーベルなので、これで正解だろう。


20170428-2.jpg


Matrix末尾は両面ともsm-1である。


20170428-3.jpg


マスタリングは、カリフォルニアのAllen Zentz Masteringで行われている。


20170428-4.jpg


CBの刻印があるので、エンジニアはChris Bellman(現在は、Bernie Grundman Masteringのエンジニア)だ。


20170428-5.jpg


CB刻印のすぐ下には、ミミズがのたくったような手書きのSがあって、コロンビアのサンタマリア工場産であることがわかる。
Matrix末尾のsmも、Santa Mariaの頭文字をとったものだろう。

西海岸マスタリングの西海岸プレスでMatrix末尾1だから、おそらくこれが米盤では一番良い音なんじゃないかと思う。

しかーし、このアルバムの録音・ミックスはロンドンのthe Wessex Studiosで行われている。
つまり、普通に考えれば、UK盤がオリジナルである。

ってことで、Discogsを見てみたのだが・・・
UK盤のとこにマスタリングやカッティングに関する情報がまったくないっ!

もう気になって仕方がないのである。

ってことで、誰かUKオリジナルを持っている方、教えてくださいませ m(_ _)m


<追記>

UKオリジナルのマスタリング&カッティング情報を紙ジャケ探検隊から教えてもらいました。

Runoutにはtimtomの刻印があるとのことで、CBSスタジオのTim Youngのカッティングとのことです。

情報提供ありがとうございました!


<追記2>

ささもたん@赤腹魔王さんから画像もいただいたので、追記します。

MSG01.jpg

英盤はカタログ番号が米盤(CHE 1302)と少し違っていてCHR 1302なのだが、この画像を見るとCDL 1302になっていて興味深い。

Chrysalisのカタログでは、CDL 1301は同じ1980年8月リリースのJethro Tullの"A"だから、当初はこの後の番号を割り振られていたわけだ。
それが、どこかでCHRに変更されたということになる。
ってことは、CHRのHRは、やっぱりHR/HMのHRなのかな?

画像でもわかるように、提供された画像はMatrix末尾1のものだ。

そして、timtom-cbsの刻印。

MSG02.jpg

そのうち英盤を手に入れられたら音の比較もしてみたいと思うが、何せ米盤の音が超気に入っているので、しばらくはこれを楽しみたいと思っている。

画像提供ありがとうございました!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

RSD [アナログ・コレクターの覚書]

RECORD STORE DAY(レコード・ストア・デイ)である。

頻繁に顔を出してたレコード・ショップが閉店して寂しい思いをした経験があるので、街の小さなレコード・ショップがなくならないように盛り上げようという趣旨には大いに賛同するのである。

その本来の趣旨からしたら、街の小さなレコード・ショップにも、その店の常連客が欲しがる限定アイテムがしっかり入荷しないと意味ないんだが、ちゃんとそういう仕組みになってるんだろうか?
うちの近所には、もはやレコード・ショップはないので、よくわからない。

それこそ、近所に馴染みのレコード・ショップがあって、ボクが欲しがる限定アイテムについては、お店がちゃんと確保しといてくれる・・・なーんて感じだったら、RSD最高!なんだけどな。

そんな理想的な環境にはないボクはといえば、限定アイテムを確保するためには、なんとか時間を作って、少し遠くのレコード・ショップにまで足を運ぶしかない。

ってことで、時間を作って行ってきたぞー
ほとんどとんぼ返りだったけどσ^_^;


どうしても欲しかったものは、なんとか確保できた。


20170422.jpg


デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の"BOWPROMO"と"CRACKED ACTOR: LIVE LOS ANGELES, '74"である。

とりあえずよかったけど、ホント、近所にレコード・ショップできないかなぁ?

タグ:David Bowie
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Elton John, Elton JohnのUKオリジナル [アナログ・コレクターの覚書]

先日ebayの即決で買ってみたブツは今週の頭には届いたのだが、どうも手持ちの二枚よりレイトプレスな気がする。
ってことで、相変わらずファーストプレスの特徴はよくわからないのだが、一応これまでにわかっていることを推測も含めてまとめておこう。

とにかく、一つ、どうにも不可解なことがあるので、知恵と情報を提供して欲しいのである。


さて、現時点でボクの手持ちは3枚になった。


20170408-1.jpg


この写真で判別できるかどうかわからないが、手前と左奥が同じジャケ(細かく見れば微妙な違いはあるが個体差だろう)で右奥だけが少し違う。

少し近寄ってみよう。


20170408-2.jpg


これでわかるだろうか?
奥がかなり凹凸のはっきりしたテクスチャーで、手前が和紙(あるいはザラ紙?)のようなテクスチャーである。
先日ebayの即決で手に入れたのがこの手前のものだ。

ちなみに、どちらもE.J.Day製である。


20170408-3.jpg


ってことで、これはもう、どちらかが先でどちらかが後だろう。
でも、テクスチャーが二種類あって、どっちが先かなんて情報は、どこにも書いてないのである。

レコードのほうに目を向けよう。

Discogsによると、このレコードのMatrix末尾には次の4つのバリエーションがあるようだ。
Discogs上ではすべて手書き(etched)マトということになっている。

①DJLPS 406 A2/DJLPS 406 B1
②DJLPS 406 A3/DJLPS 406 B1
③DJLPS 406 A4/DJLPS 406 B1
④DJLPS 406 A4/DJLPS 406 B4

「それなら、A2/B1がファーストプレスで決まりだろ?」って声が聴こえてきそうだが、そう簡単ではないのである。

まず、ebayでこのレコードのUKオリジナルを検索してみてほしい。
A4/B1の赤い半透明盤(red translucent vinyl)がファーストプレスだって言ってるのがちらほらヒットする。

A4/B1がファーストプレスってだけなら、たまにヤフオクとかでも見かける勘違いオヤジかと思うが、赤い半透明盤てのはどうにも気になってしまう。

もう察しがついたことと思うが、ebayの即決で買ってみたのは、その赤い半透明盤なのであった。


20170408-11.jpg


お~
赤く透ける~
少しエッチ(笑)

じゃ、このA4/B1がファーストプレスなのか?
まぁ、これは聴き比べてみるしかない。

あいにくA2/B1は持っていないが、A3/B1なら持っている。
ついでに半透明じゃないA4/B1もある。

でも、聴き比べの結果を話す前に、レーベルとMatrixの写真を載せておこう。
実に不可解なことがあるのだ。

まず、これがA3/B1盤のレーベルである。


20170408-4.jpg


レーベル中央部に窪みがあるのが特徴だ。


Side1のMatrixは機械打ちだ。


20170408-5.jpg


Discogsでは末尾3も手書きとなっているが、うちにあるのと違うものがあるのだろうか?
これがないとは言い切れないのである。
その理由を明らかにするために、話を先に進めよう。

Side2のMatrixは手書きである。


20170408-6.jpg


次に、以前から持っていたA4/B1盤のレーベルはこうなっている。


20170408-7.jpg


レーベル中央の窪みのような部分がA3/B1盤より狭いのは写真でもわかるかと思うが、違いはもっとはっきりしていて、こちらのレーベル中央部は窪みのように見えて実は窪んでいない。
もっともレーベルの記載内容は同じである。

こちらの盤は、Side1のMatrixも手書きである。


20170408-8.jpg


Side2のMatrixももちろん手書きである。


20170408-9.jpg


ここで、気づいた方も多いだろう。
そう、Side2のB1が、A3とA4で違うのである。

わかりやすいように、写真を並べてみよう。


20170408-6.jpg
20170408-9.jpg

406の6の部分とその後のBの部分を見比べると、別物であることがはっきりわかる。


最後に、半透明盤のレーベルはこうなっている。


20170408-10.jpg


レーベルの最下部に”Made In England"と入っているのが特徴だ。
Matrixは以前から持っていたA4/B1とまったく同じである。

肝心の音のほうなのだが、これはもう圧倒的にA3/B1が良い。
Side1についてはベールが二枚も三枚もはがれた感じである。
Side2については、A4盤もB1なので、そこそこ鮮度の高い音はするのだが、それでもA3盤のほうが一枚ベールが剥がれた音だ。

半透明盤は、盤の材質のせいか、通常盤のA4/B1よりもさらに眠い音になる(笑)

それに半透明盤には”Made In England"が入っているので、これ、レイトなんじゃないかと思うのである。
Elton JohnのUK盤も全部そろえてるわけじゃないし、持っているものもファーストプレスなのかわからないので参考程度だが、"Don't Shoot Me I'm Only The Piano Player"あたりから”Made In England"入りになっているので、そのあたりで変わったのかなと。

ってことで、半透明盤はファーストプレスどころか、サードかフォースだと思うし、通常盤の”Made In England"無しのA4/B1がその前のセカンドかサードだと思うのだが、B1が2種類あることからして、A2/B1が手書きだとすると、機械打ちA3/B1とどっちが先かはわからない(手書きA3/B1があるとするとさらにその前後関係も不明)。

最終的には、A2/B1を手に入れて聴き比べてみるしかないのだが、これがねぇ・・・ないのよね・・・

タグ:Elton John
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | 次の5件 アナログ・コレクターの覚書 ブログトップ