So-net無料ブログ作成
アナログ・コレクターの覚書 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

Wynton Kelly, Kelly GreatのUSステレオ・オリジナルのこと [アナログ・コレクターの覚書]

先々週、レコード・コレクターズ11号を買いにいったレコード店で、1960年にVee Jay Recordsからリリースされた(録音は1959年8月)ウィントン・ケリー(Wynton Kelly)"Kelly Great"のUSステレオ盤を手に入れた。


20171022-1.jpg


コーティングの美しい(写真にコーティング感が出ていないのはカメラの腕のせいです 笑)ジャケットは、オリジナルの風格を醸し出しているが、これは初盤ジャケットではない。

なぜなら、上部のアルバム・タイトル"Kelly Great"の"Kelly"と、下部に筆記体で書かれた"Wynton Kelly"の"Kelly"のいずれもが、初盤ジャケではスペルを間違って"Kelley"となっているからである。
ボクの手に入れたものは、写真の通り、正しく"Kelly"となっている。

そもそも、レコード番号も違っている。
このレコード、初盤はモノラルがVJLP-1016で、ステレオがVJSR-1016だが、1960年中に、モノラルがVJLP-3004、ステレオがVJSR-3004にレコード番号を変更して再発されている。
ボクの手に入れたものはVJSR-3004なのである。

レーベルも変更されていて、初盤はモノラルがマルーン、ステレオがシルバー(Discogsにはゴールドと書いてあるが画像がないし、LondonJazzCollecorのHPにはシルバーの画像が出ているので、シルバーとゴールドの関係自体もよくわからないが、シルバーということにしておく)だが、再発では、モノラル・ステレオともにレインボーリム楕円ロゴの黒レーベルとなる。
ってことで、ボクの手に入れたもののレーベルはこれだ。


20171022-2.jpg


DGがないから初期盤でもないだろーって声も聞こえてきそうだが、DGはプレス機由来なので、60年代になると、プレス時期よりは、旧型のプレス機でプレスされたか新型のプレス機でプレスされたかの違いにすぎない場合もある。
仮に新型のプレス機ってのがステレオ盤のプレス用に導入されたとすると、ステレオ盤の場合には、むしろDGがないほうがいいってこともあるんじゃないかと思ったりもする。
だから、DGなしでいいのである(笑)

ってことで、ジャケット・レコード番号・レーベルの三点セットで、セカンドプレスに認定である。
当時のジャズ・レコードのステレオ盤のプレス枚数から考えて、セカンドプレスの初期盤は、音質的にはほとんどファーストプレスと変わらないだろう。

Vee Jayのレーベルは、1963年には、ロゴデザインが括弧ロゴに変わるので、ボクの手に入れたものは1960年から1963年の間にプレスされたものである。
ステレオ盤ということも合わせて考えれば、初期プレスと認定していいんじゃないかと思う。
ってことで、音質も、ファーストプレスとほとんど変わらないに違いない。

しかも、前に"Kelly At Midnite"のことを話題にしたことがある(WYNTON KELLY: KELLY at midnite)が、Vee Jayの当時のステレオ録音て、かなり力が入っていて凄いのである。

このレコードの裏面には、"SOUNDATA"と題されたクレジットが、ステレオ録音にいかに力を入れているかを誇示するかのようにデカデカと掲載されている。


20171022-3.jpg


実際、かなり凄い音がする。
ジャケに難ありの部分もあったせいで格安だったので、実に良い買い物だったと思う。


しかーし、ボクは気づいてしまったのである。
(やっぱり、そういう展開か!って声が聞こえてくるなぁ 笑)

何に気づいたかと言えば、「ファーストプレスとほとんど変わらない」とは言えないということに気づいてしまったのである(涙)

レーベル写真を見ていただければわかるように、このレコードのマスター番号は60-1346/60-1347である。
このスラッシュの前の60は、マスタリングをした年を表しているんだと思う。

ところが、ボクの手に入れた盤のRunoutを見ると、Side 1にはST-61-1346とある(Side 2はST-60-1347で間違えていない)。
60を61と間違えるというのは、カッティングが60年に行われているとすると、ちょっと考えられない。カッティングした時点で61年になっていなければ、61と間違えることはないだろう。

そう思って、Runoutをよく見てみると、薄く次のように刻まれている。

Side 1 8-4-61
Side 2 8-9-61

これ、どう考えても、Side 1は61年8月4日に、Side 2は61年8月9日にカッティングしましたってことだよねぇ。。。


なんてことだっ!
ボクの手に入れたセカンドプレスは、リリース翌年にリカッティングされた盤だったのだっ!

しかし、当時のステレオ盤なんてほとんど売れなかっただろうし、何故こんなにすぐにリカッティングなんてしたのか、まったく見当がつかない。

最初のカッティングに重大な欠陥でも見つかったんだろうか?
そうだとすると、Side 1のST-61-1346も間違いではなく、61年にリマスタリングー場合によってステレオリミックスもありうるか?―が行われてマスターテープ自体が更新されていた可能性だってある。

うーん、ステレオ初盤が聴いてみたいなぁ。

何かご存知の方、ぜひ教えてくださいな。

タグ:Wynton Kelly
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Bruce Springsteen, Born in the U.S.A.のUSオリジナル [アナログ・コレクターの覚書]

今日9月23日はボス(Bruce Springsteen)の誕生日である。
ってことで、なんとなくこのレコードを選んで聴いている。


20170923-1.jpg


手前は見ての通り帯付き日本盤だが、奥の3枚はすべてUS盤である。
US盤が3枚あるが、別に掘ったわけではない(笑)

一番最初に買ったのは日本盤(CBS/Sony 28AP 2850)だった。
シュリンクがそのまま残っているので、今もなお、ジャケや盤だけでなく帯まで美品のニアミントである。

20170923-2.jpg


US盤のインナースリーブの表裏を表側、両面印刷歌詞カードの表裏を裏側に印刷した見開きインサートと、解説を表側、歌詞の対訳を裏側に印刷した見開きインサートという、二種類のインサートが付いている。
帯もさることながらインサートの違いもあるので、なんとなく持っていたい日本盤である。

これが輸入メタル原盤使用とかだったら、もう日本盤だけ持ってればいいやってことになるのだが、あいにくこのレコードは日本独自カッティングで、いかにも日本盤らしい、優等生的な、おもしろくない音だ。

ってことで、確かヤフオクで何かのついでに、テキトーに1枚目のUS盤(Columbia QC 38653)を買ってみた。

この1枚目のレコードときたら、まったく確認もせずにテキトーに買ったものだから、インナースリーブも歌詞インサートも付属していないうえに、思いっきり聴きこまれた盤は、すっかりボロボロである。
これじゃ数百円でも高いぞ。

仕方がないので2枚目である。
数百円のレコなので、やっぱりヤフオクで何かのついでだったと思うが、今度は、インナースリーブや歌詞インサートが付属しているのをしっかり確認して購入した。
盤の状態もとても良かった。

めでたしめでたし。
のはずだったのだが、あるときボクは気づいてしまった。

手持ちのUS盤2枚は同じMatrixで、次のようなものだ。

P PAL-38653- 3BB MASTERDISK RL
(H-MP) P PBL 38653 G2N G1

末尾3BBとかラッカー切りまくってるレコードで、たまたま買った2枚がまったく同じMartixってのもおそろしい偶然だと思うが、そんなことよりボクが目を奪われたのはMASTERDISK RLの刻印である。
そう、Bob Ludwigのカッティングなのだ。

MASTERDISK刻印はSide 1にしかないし、Side 2はそもそもMatrix末尾の付け方が違っているから、明らかにレイトプレスで、ラッカーを切りなおしたものだと思う。
ってことは、このレコード、オリジナルは両面MASTERDISK刻印有りのはずである。

だいたい、手持ちのUS盤の音は、いまいちシャキッとしてなかったもんなぁ。
そんなわけで、3枚目を買う羽目になったわけである。


20170923-3.jpg


まぁ、見た目は2枚目と同じだ。
US盤は、表にボス、裏にThe E Street Bandのメンバー個別写真と集合写真をあしらったインナースリーブに、一回り小さい両面モノクロ印刷の歌詞インサート付きである。

ボクが手に入れた両面RL盤のMatrixは次の通りだ。

P AL-38653 - 3AF MASTERDISK RL
P BL-38653 - 2AM MASTERDISK RL

見事に2桁末尾である(涙)
(しかも、コロンビアのMatrix末尾にはMは使わないはずなんだが・・・Ludwigが間違えた? 笑)

とはいえ、ピットマン工場産ぽいし、音自体はLudwigカットを十分に堪能できるものなので、とりあえず満足してはいたのだが・・・

Matrix末尾1桁の盤が手に入れられたらそれに越したことはない。

3A/2Aなんてのが初回盤として存在するんだろうかとDiscogsを見てみると、ホワイト・レーベルのプロモ盤は掲載されておらず、プロモ・スタンプのあるジャケに入った通常盤のMatrx末尾が一番若くて3A/2Eだった。

ほかに、3A/2Hとか3F/2Aというのもあったが、いずれもキャロルトン工場プレスだ。
ってことは、このレコードの場合はキャロルトン工場産がオリジナル?

考えてみたら、最初に入手した2枚も、Side 1にG1がないのでもともとピットマン工場にあったスタンパーで、Side 2はG1にくわえてPがあるので、キャロルトン工場にあったスタンパーがピットマン工場にまわされたものだと推測される。
つまり、プレスはピットマン工場でされたものだが、Side 2のスタンパーはキャロルトンからまわされたものを使ったものだということだ。

これまた、オリジナル(というか東のメイン工場)はキャロルトンだってことを示してるじゃん!

Discogs掲載の情報が間違っていないとすれば、このレコードの初盤は、キャロルトン工場産のMatrix末尾3A/2Aで(この組み合わせ自体は確認できていないが、Side 1の3AスタンパーとSide 2の2Aスタンパーの存在は確認されているので、これも存在しうるかなと)で、両面MASTERDISK RL刻印のあるものということになる(Discogsの記載だと、Side 2の2AはMASTERDISK RL刻印であるものの、2Eや2HにはMASTERDISK刻印はあるがRLはないように読めるんだがどうだろう?)。

しかし、なんといっても全米で1500万枚も売れたレコードである。
Matrix末尾3A/2Aの盤には、一生めぐり会えない気がする。
でも、せめて、キャロルトン工場プレスのMatrix末尾1桁盤はいつか手に入れたいなぁ。

そんな結論に到達した、ボスの誕生日なのである。

コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Jaco Pastorius, Jaco PastoriusのUSオリジナル [アナログ・コレクターの覚書]

今日9月21日は、ジャコ・パストリアス(Jaco Pastorius)の命日である。
亡くなったのは1987年だから、ちょうど30年前になる。
さらにさかのぼること11年、1976年8月に、このソロ・デビュー・アルバム(オリジナルはセルフ・タイトルだが、日本盤には「ジャコ・パストリアスの肖像」というタイトルがつけられた)はリリースされた。

ターンテーブルに載る回数で言えば、ウェザー・リポート(Weather Report)やジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)のアルバムのほうが多いのだが、なにせ命日である。
やはり、このアルバムを聴くべきだろう。


20170921-1.jpg


ジャコのほっぺが赤いのは、このレコードがかつて、米国デトロイトの某FM局の所有だったからである。
そう、プロモ盤なのである。

けっこう苦労して手に入れたプロモ盤だったので、しばらく前まで、通常レーベルだがこれいいんだと、ずっと思っていた。
つまり、ホワイト・レーベルのプロモ盤は、このレコードについては存在しないんだと、勝手に思い込んでいたのである。

ところがどっこい、世の中はそんなに甘くない。
しばらく前に、ボクは発見してしまったのである。
Discogsにはしっかりホワイト・レーベルのプロモ盤が掲載されているではないか(号泣)

ってことは、ボクが持っているのは、プロモはプロモでもいつのものかわからないってことか?
実際、再発盤にプロモ・スタンプが押されたものとかもあったりするわけで、ホワイト・レーベル・プロモの存在する盤の通常盤プロモなんて、初期盤の保障さえまったくないんである。

ボクは涙にくれる毎日を送っていた(そんな大げさな話ではないだろ 笑)

しかし、ふっと気づいたのである。

Discogs掲載のホワイト・レーベル・プロモ盤と通常盤では裏ジャケが違っている。
そして、ボクの所有している盤は、通常盤のほうではなく、ホワイト・レーベル・プロモ盤と同じなのである。

それで、気持ちを俄然持ち直した(笑)

通常盤と比較したほうがわかりやすいのだが、持っていないし、Discogsから画像を勝手に持ってくるのも気が引けるので、手持ち盤だけで説明させてもらうことにするが、わかりにくかったら、Discogsを開いて通常盤の画像と比較しながら確認していただければ幸いである。


20170921-2.jpg


ボクの所有盤がプロモ盤であることは、裏ジャケ左上の"DEMONSTRATION Not For Sale"のスタンプからもわかる。

さて、ホワイト・レーベルのプロモ盤とボクの所有盤に共通した特徴は、右下”FORGOTTEN LOVE"のクレジットの下に"Produced by Bobby Colomby for Colomby Production"の印刷文字がなく、その代わりに当該プロデューサー・クレジットのほか録音・ミックス等に関するクレジットを掲載したステッカーがはってあること、それから、左下のHerbie Hancockの下のクレジット表記が2段になっていること(通常盤は4段)である。

プロデューサー・クレジットの欠落をステッカーで補ったのは、ごく初期だけではないかと推測されるので、ボクのプロモ盤は、とりあえず初期プレスの仲間入りをさせてもらってもよさそうだ。

救われたなぁ(笑)

もっとも、ボクの盤は、Matrix末尾が1B/1E、両面にSTERLING刻印ありだが、コロンビアの中部工場テレホート産である。
たぶんピットマン工場産のプロモのほうがいいんだろうなー

でも、まぁ、これも十分素晴らしい音なのでよしとしよう。

タグ:Jaco Pastorius
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Caravan, In the Land of Grey and PinkのUKオリジナル [アナログ・コレクターの覚書]

<いただいたマザー・スタンパー情報を追記しました。>(2017年9月18日11:30)
<いただいた情報にちょっと間違いがあったので修正しました。>(2017年9月18日15:00)
<いただいた情報(2件)を追記しました。>(2017年9月19日23:00)

昔の価格イメージに縛られてebayでなかなか勝てなかったレコードをようやく落札できた。

初盤鑑定の難しいキャラヴァン(Caravan)「グレイとピンクの地(In the Land of Grey and Pink)」のUKオリジナル(Deram ‎SDL R1)の中でも、初期盤の可能性が高いスモール・ブラウン・デラム(Small Brown Deramー茶デラ小と呼ぶことにする)レーベル盤である。


20170917-1.jpg


これはとにかくレーベルが重要なので、レーベル単独の写真も載せておこう。


20170917-2.jpg


これでうちの「グレイとピンクの地」のアナログは合計4枚になった。


20170917-4.jpg


奥の一番左がUSオリジナルで、他はすべてUKオリジナルである。
もともとスモール・レッド・デラム(Small Red Deram―赤デラ小と呼ぶことにする)盤は2枚持っていたので、UKオリジナルは合計3枚になった。

ちなみに、UKオリジナルを2枚持っていたのは、別に掘ろうと思ったからではない。
2002年にキャラヴァンが来日した際、ライブに行ってこのレコードのジャケットにサインをもらって厳重保存レコード(笑)になったので、普段の視聴用にもう一枚買っただけである。
(サインは、Pye Hastings、Richard Coughlan、Dave Sinclairの3人には、ジャケット内側のそれぞれ本人のシルエットの隣にもらった。他に、色紙に来日メンバー全員のサインをもらって、いっしょに保存してある。)

周知のように、このレコードの初盤については、赤デラ小か茶デラ小か(はたまた茶デラ大か)諸説があるが、Matrix末尾はずっと両面1Dなので、結局、マザー・スタンパーの情報を集めて判断するしかないんじゃないかと思う。
あと、入れ替わってる可能性があるので参考程度だが、CSの日付も補助資料にはなる。

ちなみに、今回手に入れた茶デラ小のマザー・スタンパーは1 G/1 Hだった。
CSの日付は、71年9月だ。


20170917-3.jpg


「グレイとピンクの地」のリリースは1971年4月8日ということなので、CSが入れ替わってなければ、半年後くらいのプレスだ。
うーんビミョー(笑)

とりあえず、赤デラ小2枚の情報もいっしょにまとめておこう。


レーベル Side1のマザー・スタンパー Side2のマザー・スタンパー CSの日付 情報提供者
茶デラ小 1 U 1 B CSなし ハウさん
茶デラ小 1 C 1 I 71年4月 オオヒラヒロモトさん
茶デラ小 1 N 1 U CSなし 紙ジャケ探検隊さん
茶デラ小 1 N 1 U 71年5月 Rumblin' Boysさん
茶デラ小 1 A 1 C CSなし 他力本願寺さん
茶デラ小 1 G 1 H 71年9月 Sawyer
茶デラ大 1 BC 1 M 71年11月 Neuさん
赤デラ小 1 UB 1 BI 73年8月 Sawyer
赤デラ小 1 BU 1 UU 73年9月 ハウさん
赤デラ小 1 KC 1 CA 75年10月 Rumblin' Boysさん
赤デラ小 1 KC 1 CA 75年10月 xxxeizoooxxxさん
赤デラ小 1 IB 1 IM 76年3月 Neuさん
赤デラ小 1 IG 1 KM CSなし Sawyer
赤デラ小 1 NN 1 II 78年7月 Rumblin' Boysさん


<2017年9月18日午前までにご提供いただいた情報を追記しています。表は、Side1およびSide2のマザー・スタンパー情報とCSの日付情報を総合して判断したプレス順にしたがっています。Neuさんから情報をいただいた「茶デラ大」はCSの日付情報だけではなく、Side1の2桁も合理的に説明がつくものと考えて(まぁ、憶測ですが 笑)、茶デラ小の後の順番としています。この点の詳細については、またそのうち・・・Neuさんの見間違いが発覚!(笑) ボクの「合理的説明」の仮説も崩れちゃいましたが、まぁ、綺麗に並んだのでよしとしましょう。>
<いただいた情報(2件)を追記しました。>(2017年9月19日23:00)


この手の情報は集まれば集まるほど真相に近づくかと思うので、このレコードのUKオリジナルをお持ちの皆様、ぜひご協力くださいな。

さて、一応音質比較の話だが、茶デラ小盤は、やはりスタンパー1桁だけのことはある。
個々の楽器やボーカルの響きがタイトで、見通しが良く、音像がより明確だ。
比較しなければわからない(それだけ赤デラ小盤の音も素晴らしい)が、赤デラ小盤は個々の楽器やボーカルの響きがほんの少し肥大気味に輪郭が甘くなる。

ちなみに、和紙のようなテクスチャージャケがなかなかに魅力的なUSオリジナル(London Records ‎PS 593)は、音については高域がきつくてちょっとうるさい。
とはいえ、USオリジナルについては、いろいろあるようなので、あくまでもうちにある盤での話だが。
うちにあるのは、Runoutの刻印から判断して東海岸のShelley Products(プレス工場)産で、機械刻印のMatrixには末尾がなく、5-5-71と両面に手書きされているので、おそらく初期プレスだろうと思う。
まぁ、USオリジナルのことはどうでもいいか(笑)

重要なのはUKオリジナルのマザー・スタンパー情報だ。

ご提供いただいた情報は随時追記していきますので、ぜひご協力くださいm(_ _)m

タグ:Caravan
コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Eric Clapton, No Reason to CryのUSオリジナル [アナログ・コレクターの覚書]

リリース記念日からは2週間ほど経ってしまったが、今日は少し夏が戻ってきた感があるので、エリック・クラプトン(Eric Clapton)の"No Reason to Cry"を聴いている(このレコードのリリースは1976年8月27日)。

オリジナルのリリース時期のせいか、あるいは、ラストにおさめられてる"Black Summer Rain"のせいか、このレコード、夏の終わりには必ず聴きたくなるんだよな。

で、どのレコードで聴くかと言えば、USオリジナル(RSO ‎RS-1-3004)である。
ほとんど黒に近い濃紺ジャケの日本盤(RSO ‎MWF 1013)に慣れ親しんでいたので、最初はUS盤のジャケの色には違和感があったが、慣れればこっちのほうが断然良い。


20170909-1.jpg


ピックがエンボス加工されているのも洒落ている。


20170909-2.jpg


いろんなフォントを使って収録曲名で構成されたこの裏ジャケット(写真奥)も実にアメリカンで素敵だ。
スタジオでの和気藹々とした雰囲気を伝えるインナースリーブが、US盤にありがちなペラペラの薄紙製ではなく、厚手の紙で作られているのも良い。


20170909-3.jpg


レーベルは、まぁ、見慣れたRSOレーベルだが(笑)


20170909-5.jpg


さて、このレコード、カリフォルニアのマリブにあるザ・バンド(The Band)所有のシャングリ・ラ・スタジオで録音されたというのは有名な話であちこちに書いていあるが(ジャケットの写真にもでっかく"Shangri-la"って写ってるよね)、マスタリングがBernie Grundmanであることには案外触れられていない。


20170909-4.jpg


デザインの違うUK盤(RSO ‎2479 179)のインナースリーブや日本盤のインサートにも"Mastered by Bernie Grundman"と明記されている(もっとも、UK盤のカッティングはMelvyn AbrahamsでGrundmanではなく、日本盤のカッティングが誰かは不明だが少なくともGrundmanではない)。

つまり、このレコードはUS盤がオリジナルである。

で、うちの盤のMatrixは次のようになっている。
製造工場はコロンビアのサンタマリア工場(西海岸)だ。

RS-1-3004 AS-CS - 1A - 1C
RS-1-3004 BS-CS - 1A

おそらくこれが初盤で間違いないんじゃなかろうか。

筆跡鑑定の結果も、Grundmanのカッティングを証明してるしね。


20170909-6.jpg


「る」に見える「3」はGrundmanの筆跡に間違いない。

実際、「鮮度の高いマスターテープを腕の良いエンジニアがマスタリング&カッティングすればこういう音が出てくる」というお手本のような音である。

中古レコード屋さんに安い値段でゴロゴロ転がってるレコードだと思うので、まだ持ってないという方はお試しあれ。
コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | 次の5件 アナログ・コレクターの覚書 ブログトップ