So-net無料ブログ作成
検索選択

The Police, SynchronicityのUSオリジナル(パート3) [アナログ・コレクターの覚書]

ポリス(The Police)「シンクロニシティ(Synchronicity)」のUSオリジナル盤だが、以前の記事(http://sawyer2015.blog.so-net.ne.jp/2016-12-18)を書いたあと、もう一枚買ってみた。

ってことで、手持ちは3枚になった。


20170506-1.jpg


3枚手に入れて並べて眺めると、93種類あるってのをあらためて思い知らされる。
帯一本単位でも写真の配列が同じものが一つもない。

さて、今回手に入れた盤の話をしよう。

以前の記事の最後にも書いたように、ES(Electrosound Group Midwest, Inc.)工場産の半透明盤を探す必要があったのだが、それを手に入れたわけではない。

もともと3桁価格でゴロゴロしているレコードなので高いお金を払う気にはならず、ebayで探すという選択肢はなかった。
ヤフオクの格安レコードまとめ買いとかで、うまいこと手にはいらないかと企んでいたのだが、そううまくはいかない。

もっとも、3枚目は、ヤフオクの格安レコードまとめ買いで手に入れたものではあるのだ。
でも、格安すぎてMatrix末尾は聴くに聴けなかったし、このフライヤーが手に入ればいいやって気持ちで落札したものなので、届いたものは、確かに半透明盤ではあったもののES工場産ではなかったのである(まぁ、そんなにうまくいくもんじゃないよね 笑)。


20170506-2.jpg


さて、では、3枚目はどんな盤だったかというと、RCA工場産の末尾5/5(つまりRCA5/RCA5)というものだった。
両面にMASTERDISK刻印があり、Side1にのみRL刻印がある。

Matrix末尾5/5なので初期プレスと言っていいのか微妙だが、それでも先に書いたように半透明盤なので、初期プレスの仲間に入れてもいいだろう。

3枚目が届いたとき、「またRCA工場産かよー しかも5/5とか思いっきり進んでんじゃんかよー」とがっかりしたのだが、しばらくして、ボクはふっと疑問に思った。

「なんでまたRCA工場産なんだ?」

紙ジャケ探検隊がよく言っていることだが、アメリカからの輸入レコードは西海岸から船で運ばれたのか、日本国内にあるのは西海岸産のものが多い。

ってことは、国内にあるものをテキトーに買えば、西海岸産に当たる確率はかなり高いはずである。

「それなのになんでまたRCA工場産なんだ?」

以前の記事では、東海岸向けがEUR(EUROPADISK)工場産で、中部向けがRCAのインディアナ工場産だとすると、西海岸向けはES工場産てことになるはずだという結論だった。
そうだとすると、テキトーに買えばES工場産に当たりそうなもんである。

「それなのになんでまたRCA工場産なんだ?」

ここでようやくボクは自分の間違いに気づく。
そもそも、ES工場産は西海岸向けではなかったんじゃないか。

ってことで、ボクはDiscogs掲載の大量のUS盤データと再び向き合ってみたのだった。
そこでいくつかの分析結果を導き出すことができたのだが、これがなかなかに興味深い。
(見落とし等による間違いがあったら教えてください。)

1. EURはMatrix末尾4/4までしかない。
2. ESはMatrix末尾3/3までしかない。
3. RCAはMatrix末尾6/6まである。

さて、ESが西海岸向けだとすると、ラッカー数が一番少ないのはおかしい。
ニューヨークのEUR(EUROPADISK)が東海岸として(ちなみに、EUROPADISKはUK等外国向け原盤のメタル処理もしていたようだ)、ESとRCAのどちらが中部向けでどちらが西海岸向けかといえば、これはもう倍のラッカーが切られているRCAが西海岸向けだろう。

どうやら、ボクは勘違いをしていたようだ。
テキトーに買ったらRCAが来たというのは必然だったのである。

では、A&Mは西海岸の会社だからRCA工場産がオリジナルなのかというと、これはどうも違いそうだ。

Matrix末尾のプリフィックスがMの盤があり、これがどうやらロサンゼルスにあるモナーク(Monarch Record Mfg. Co.)工場産のようで、また、先行シングル「見つめていたい」(Every Breath You Take)のテストプレスがモナーク工場産であることも情況証拠にくわえて、紙ジャケ探検隊の10年前の特集記事ではモナーク工場産がオリジナルと推定されていたのだが、A&Mとモナーク工場との長年の関係を考えると、確かにこの可能性はある。
(ちなみに、モナーク工場は、「シンクロニシティ」の初期プレスにおいてはメイン工場として使われていなかったようなので、初期プレスのモナーク工場産は相当に希少だと思う。レイトの―つまり透けない―モナーク工場産ならやまほど転がってるけど。)

でも、ボクは、もう一つの可能性を考えている。
ES工場産がオリジナルの可能性である。

何故中部向け工場産がオリジナルになるのかと問われるとその疑問には答えられないのだが(笑)、どうにも気になる事実が二つあるのだ。

一つは、Discogs上の大量のUS盤データを眺めていて気づいたことなのだが、「EURとRCAは片面にしかRLがないものがほとんどなのに、ESはすべて両面にRLがある」のだ。
なんだか、最初にRLがカッティングしたのはESだって気がしてくるでしょ?(笑)

それから、popsike.comで検索して発見したのだが、2010年に落札されているUSテストプレス(半透明盤)がElectrosound Group Midwest. Inc. 製なのである。

ってことで、やっぱりES製半透明盤をなんとか手に入れたいのである。


でも、実を言うと、あんまり、いや、まったく必死になっていない(笑)
2枚目として手に入れた半透明盤RCA3/RCA1が、すこぶる良い音だからである。

3枚目を手に入れたので、B1「見つめていたい」で比較視聴してみたのだが、半透明盤RCA3/RCA1が音色・分離・立体感においてダントツだった。
透けないEUR4/EUR1は、半透明盤RCA3/RCA1のスタンパーがそのままなまった感じ。
半透明盤のRCA5/RCA5は、なまった感じはまったくしないのだが、なんだか少し音が痩せて迫力が削がれている。

まぁ、比較しなきゃどれもRLカッティングらしい良い音なんだけどね(笑)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『手をつなごうプロジェクト』 [玉城ちはる]

玉城ちはるさんが、『手をつなごうプロジェクト』なる企画で、手つなぎ写真を募集している。
「ヒトリゴト」という楽曲のMVで使われるらしい。
(まぁ、応募が多ければすべては採用されないのかもしれないが)

『プロジェクト』という趣旨は、写真を集めることに主眼があるわけではなく、「手をつなぐ」ことで確認したり、修復したり、あるいは新たにつくりあげたりすることのできる「優しいつながり」を、世の中にもっともっと広めていこう、というところに主眼があるってことなんだろう。

なんだか優しくない言葉が鋭く行きかうこんな世の中だからこそ、こういう草の根的なところから始めることがとても大切な気がする。

夢想家だと揶揄されても、信じていたいものがある。


『手をつなごうプロジェクト』の詳細については、玉城ちはるさんのオフィシャルHPに掲載されている下記NEWSページをどうぞ。

http://tamakichiharu.com/news/?p=5698


旧ブログのヘッダーにも使っていたこのお気に入りの写真、よくよく見ると、手をつないでいるというより手首を掴んでいるのだが、まぁ広い意味では「手つなぎ写真」と言えなくもない(笑)。


20170503-1.jpg


ってことで、「ヒトリゴト」収録のCD『ひだまり』(インディーズ時代のミニアルバム)を聴きながら、さてこの写真を応募してよいものかどうか思案中なのである(笑)


20170503-2.jpg


このCDジャケットのデザイン、アナログレコード・マニア的には少しニヤリとするよね(^_-)-☆


そういえば、このフォトシネマに織り込んだ詩の中にも「手をつなぐ」場面を描いたフレーズが出てくるな。





どうやら、『手をつなごうプロジェクト』に共感するのは、ボクにとって必然だったらしい(笑)

タグ:玉城ちはる
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017年4月第5週 [今週の記念日]

三日坊主だって3回は続くわけだし、4月も終わってないし、一応GWも始まったし(ボクの休みは暦通りなので、連休開始は水曜日からだけどさ)、とりあえず、3回目にあたる4月第5週までは続けるのである(笑)


4月23日

ストーンズ(The Rolling Stones)"Sticky Fingers"がリリースされたのが1971年4月23日である。

英盤も2枚もっているが、フランス盤を聴いていた。

20170423-1.jpg


確か何かを確認したくてわざわざフランス盤を買った気がするが、よく憶えていないσ(^_^;)
15年くらい前のことなので、フランス盤もTMLなのか確認したかったって程度のことだったかもしれない(笑)

このレコードのマスタリングに関する詳しいことは、レコードコレクターズ2015年6月号掲載の特集中の紙ジャケ探検隊の記事を読んでいただければと思う。

探検隊のこの記事ってジッパー写真で1頁が埋め尽くされていて、そもそもジッパーに違いがあること自体を意識したことがなかったボクみたいな半端なコレクターは度肝を抜かれたが、コアなストーンズコレクターはジッパー違いで集めてたりするんだろうか?
だとしたら、コレクターの世界って、いったいどこまで深いのやら・・・

ちなみに、うちのフランス盤は、レココレ掲載のどれとも違う横書き2行である(笑)


20170423-2.jpg


4月23日は、このレコードのリリース記念日でもある。


20170423-3.jpg


"Black and Blue"は1976年4月23日にリリースされた。

英盤しかもってないけど、英盤もカッティングはSterlingのLH(Lee Hulko)だ。
良い仕事をしているのである。


さらにこれも4月23日リリースとのこと。


20170423-4.jpg


ジェスロ・タル(Jethro Tull)"Too Old to Rock 'n' Roll:Too Young to Die!"も、英本国では、"Black and Blue"と同じ1976年4月23日にリリースされた。

ボクが持っているものもUKオリジナルなのだが、Runoutを見たら、どうもファーストプレスではなさそうである。
まぁ、単に片面のMatrixが進んでいるというだけなのだが、でも、なーんかちょっと不思議なのである。

ひっかかると確認したくなる厄介な性格なので、早速ebayで探索・・・ファーストプレスっぽいのが即決で出品されているのを見つけた。
ってことで、即発注。
詳細は、またいずれ(笑)


4月24日


バーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand)の誕生日である。
とはいえ、特に彼女のファンというわけではない(笑)

ただ、"Alfie"をやってるってのとジャケットがとびきり素敵なことがあいまってすごく欲しくなり、ちょっと前に手に入れたレコードがある。
もっとも、入手したときに一聴した感じではあまりピンとこなくて、そのまま放置していたのだが、この機会に改めて聴こうと思い立った。


20170424.jpg


うーん、やっぱり、いまひとつピンとこない(笑)

ジャケットはすごく素敵なんだけどなー


4月25日


命日なので尾崎を聴く。
世代的にズレているので彼に熱狂したことはないが、ソングライターとして、とても才能のある人だったと思う。


20170425.jpg


それにしても、ピンボールのハイスコアを競う不良とか、ダンスホールとか、彼の描く世界は、まったく同時代のものじゃなかったよなぁ。

曲によって違うけれど、彼の描く風景って、50年代だったり、60年代だったり、70年代だったりするよなーと思ったりするのである。
そんなこんなで、ふっと思うのは、彼は、同時代には自分の居場所が見つからなかったんじゃないかってことだ。


4月29日


4月29日はデューク・エリントン(Duke Ellington)の誕生日である。
彼のレコードはあんまり持っていないのだが、このレコードは大好きだ。


20170429.jpg


村上春樹『国境の南、太陽の西』を読んだとき、作品の重要なテーマに関わるものとして、このアルバムに収録されている"The Star-Crossed Lovers"が登場していた。
それで、どうしてもオリジナルのアナログで聴きたくなって、買ってみたのがこのレコードだった。

"The Star-crossed lovers"は、エリントンとビリー・ストレイホーン(Billy Strayhorn)の手になる、ロミオとジュリエットを描いたバラードで、ジョニー・ホッジス(Johnny Hodges)のアルト(ジュリエット)とポール・ゴンサルヴェス(Paul Gonsalves)のテナー(ロミオ)が、やがて悲劇的結末を迎える悲運の恋人たちの愛の語らいを感動的に描き出す。

美しくも切ないメロディが、心を震わせるのである。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

The Michael Schenker Group 1st [アナログ・コレクターの覚書]

<情報をいただいたので追記しました。>
<さらに画像をいただいたので追記しました。>

HR/HM系のレコードは、ときどき無性に聴きたくなることがあるが、熱心なファンというわけではないので、マイケル・シェンカー・グループ(The Michael Schenker Group)についても全アルバムを揃えているわけでもなければ、聴きこんでいるわけでもない。

ってことで、オリジナルを集めているということはまったくない(笑)

ただ、ファースト・アルバムについては、持っているのがドイツ再発盤一枚で、これがかなりねむい音だったので、そのうち買い替えたいとは思っていた。

それで、なんとなーく米盤(CHE 1302)を買ってみたのだが、これがかなりのアタリだった。


20170428-1.jpg


曲によってはMIXに不満があるものもあるのだが、マスタリング自体はとても良くて、実に良く鳴る。

もちろん米盤と言ってもいろいろありそうだが、ボクが手に入れたものは、おそらくファーストプレスで間違いないと思う。

レーベルは、1977年から使われている青白レーベルなので、これで正解だろう。


20170428-2.jpg


Matrix末尾は両面ともsm-1である。


20170428-3.jpg


マスタリングは、カリフォルニアのAllen Zentz Masteringで行われている。


20170428-4.jpg


CBの刻印があるので、エンジニアはChris Bellman(現在は、Bernie Grundman Masteringのエンジニア)だ。


20170428-5.jpg


CB刻印のすぐ下には、ミミズがのたくったような手書きのSがあって、コロンビアのサンタマリア工場産であることがわかる。
Matrix末尾のsmも、Santa Mariaの頭文字をとったものだろう。

西海岸マスタリングの西海岸プレスでMatrix末尾1だから、おそらくこれが米盤では一番良い音なんじゃないかと思う。

しかーし、このアルバムの録音・ミックスはロンドンのthe Wessex Studiosで行われている。
つまり、普通に考えれば、UK盤がオリジナルである。

ってことで、Discogsを見てみたのだが・・・
UK盤のとこにマスタリングやカッティングに関する情報がまったくないっ!

もう気になって仕方がないのである。

ってことで、誰かUKオリジナルを持っている方、教えてくださいませ m(_ _)m


<追記>

UKオリジナルのマスタリング&カッティング情報を紙ジャケ探検隊から教えてもらいました。

Runoutにはtimtomの刻印があるとのことで、CBSスタジオのTim Youngのカッティングとのことです。

情報提供ありがとうございました!


<追記2>

ささもたん@赤腹魔王さんから画像もいただいたので、追記します。

MSG01.jpg

英盤はカタログ番号が米盤(CHE 1302)と少し違っていてCHR 1302なのだが、この画像を見るとCDL 1302になっていて興味深い。

Chrysalisのカタログでは、CDL 1301は同じ1980年8月リリースのJethro Tullの"A"だから、当初はこの後の番号を割り振られていたわけだ。
それが、どこかでCHRに変更されたということになる。
ってことは、CHRのHRは、やっぱりHR/HMのHRなのかな?

画像でもわかるように、提供された画像はMatrix末尾1のものだ。

そして、timtom-cbsの刻印。

MSG02.jpg

そのうち英盤を手に入れられたら音の比較もしてみたいと思うが、何せ米盤の音が超気に入っているので、しばらくはこれを楽しみたいと思っている。

画像提供ありがとうございました!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017年4月第4週 [今週の記念日]

二回目にして、もうやめようかと考えている今日この頃・・・(笑)
とりあえず、土曜分を翌週にまわすのはやっぱり違和感ありなので、土曜までの分を日曜に書くことにしよう。


4月15日

ローリング・ストーンズ(Rolling Stones), "Aftermath"のリリース日だったり、デイヴィッド・ジャクソン(David Jackson)ー ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター(Van der Graaf Generator)のサキソフォニストーの誕生日だったりするのだが、これのリリース日でもあるらしい。
ストラングラーズ(The Stranglers), "Rattus Norvegicus"だ。

これを選んだのは、単に間違い探しクイズがしたかったから(笑)
写真の中に間違いはひとつ。さて、どこでしょう?

20170415.jpg

この画像で見抜くのはかなり難しいと思うのだが、あっという間に見抜いた方がいた。

ジャケットの右上、シール(プライスシールです)が貼られているすぐ右上あたりをよく見ると、判読できるかどうかは別として、緑色の文字らしきものが見える。
この文字は"Fame"で、実はこのジャケット、UK"Fame"再発盤のものなのである。

ターンテーブルに載っているレコードはUKオリジナル盤(Matrix末尾だって1U/1Uなんだぞー 笑)なので、"Fame"ジャケが間違いということになる。

もちろん、クイズにするためにわざわざこの組み合わせにしたわけではなく、ボクはこれしか持っていないのである(シクシク)

ジャケは、あんまりにもボロかったんでしげしげ見ることもなく、ずっとFame再発ジャケだと気づいてなかったσ^_^;

しかし、名盤だな。
これは早急に7インチ付のオリジナル(ステッカー付)を手に入れなければ・・・


4月16日

前日の"Aftermath"に続いて今日のファーストまで無視すると、お前はホントにストーンズ・ファンなのか?っ疑われそうなので、今日はちゃんと聴いている。
UK盤のファーストは1964年4月16日リリースだ。

20170416-1.jpg

オープンDECCA(またはUNBOXED DECCA)のモノラル盤だが、Side2のMatrix末尾は、もちろん1Aでも2Aでもない(笑)
(Side2のMatrix末尾が1Aか2Aの盤には、"Tell Me"のデモバージョンが収録されていて、とてもレアなのです。)


翌17日の朝、アラン・ホールズワース(Allan Holdsworth)の訃報が流れてきた。
4月16日に70歳で亡くなったとのこと。

ってことで、17日の夜に冥福を祈りながら聴いていたのはこれ、U.K.のファーストである。

20170416-2.jpg

以前UKオリジナルの話をしたことがあるが、今回は、その後手に入れたUSオリジナルで聴いた。

鮮度的には英盤に分があるが、Masterdisk刻印の米盤は音圧が高くてかなりすごい音で鳴るのである。
前にグイグイ押し出してくる音で、キレもある。RL刻印はないのだが、かなりRLっぽい。
弟子が、真似たか?(笑)

米盤なので工場違いがあるのは当然なのだが、ツイッターのやり取りの中で、うちのと工場違いの盤の画像を見ると、どうにもRunout部分の幅が違って見える。

ここが違うと出てくる音が違いそうで気になって仕方がない。
もう一枚買ってみるかなぁ。


4月17日

イーグルス(Eagles), "Desperado"がリリースされたのが1973年4月17日。

タイトル曲がとにかく好きなんである。

20170417.jpg

このレコードについては、ちょっと書きたいこともあるのだが、長くなるのでここでは割愛(笑)
(気が向いたら、そのうちちゃんとした記事で書きます。)


4月19日

ドアーズ(The Doors), "L.A. Woman"がリリースされたのが1971年4月19日。

初めて買ったドアーズのレコードがこれだったなぁ。

20170419.jpg

久しぶりに引っ張り出したのだけど、うちのはWロゴ入りのレイトプレスだった(涙)
ジャケがこんなにボロいのに初盤じゃないなんて・・・・切ないのである。

手持ち盤のRunoutにはESR-BMと手書き刻印があるが、これがマスタリングをしたところなのかは不明。

ファーストプレスはArtisan Sound Recordersでマスタリングされているが、これがどうやらとても良い音らしい。
手に入れなきゃいかんなぁ。


4月21日

プリンス(Prince)の命日である。

プリンスに特に思い入れがあるというわけではないので、こういう代表的なアルバムしか持っていないのだが、命日だというので引っ張り出して聴いてみると、やっぱり凄い人だったんだなと改めて思うのである。

20170421-1.jpg

ところで、このアルバム、BGのマスタリングだったのね。
いま、気づいたよ(笑)

4月21日はサンディ・デニー(Sandy Denny)の命日でもある。
ってことで、続いてこちらを聴いた。
1972年リリースの"Sandy"だ。

"The Lady"という曲が、とにかく好きなんである。

20170421-2.jpg

聴いていて、昔友人宅で聴き比べをしたことを思い出した。
そうだった。これも探さないといけないのがあるんだった。


4月22日

ミンガス(Charles Mingus)の誕生日だそうで。
ふっと思い浮かんだのがこれだった。
"Charles Mingus Presents Charles Mingus"である。

20170422.jpg

でも、このレコード、ドルフィー(Eric Dolphy)が凄いよね(笑)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽