So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

Joe Sample, Rainbow SeekerのUSオリジナル [アナログ・コレクターの覚書]

ジョー・サンプル(Joe Sample)"Rainbow Seeker"(邦題は『虹の楽園』)というアルバム、内容が素晴らしいだけでなく音も良い。
おまけに、ノーマン・シーフ(Norman Seeff)の写真を使ったジャケットも秀逸で、まさに三拍子そろった名盤である。
しかも、USオリジナル(ABC Records ‎AA-1050)が格安でそのへんにゴロゴロ転がっている。
アナログ・コレクターにとっては実においしいレコードである。


20180819-1.jpg


しかし、ゴロゴロ転がっているだけに、いろいろ落とし穴がある。
何を隠そう、ボクもつい最近までこのレコードの落とし穴にはまっていて、ようやく脱出できたところなのだ。

最初の落とし穴はレーベルである。

最初にボクが買ったレコードは、A面とB面でレーベルデザインが違っていた。
A面は、黒丸の中にabcの入ったロゴがトップにあるマルチカラー・ターゲット・レーベルだった(便宜上「黒丸レーベル」と呼ぶ)。


20180819-2.jpg


そして、B面は、音符の中にabcの入ったロゴがトップにあるマルチカラー・ターゲット・レーベルだ(便宜上「音符レーベル」と呼ぶ)。


20180819-3.jpg


ABCレコードのレーベルは70年代後半に、黒丸レーベルから音符レーベルに変更されたのだが、問題はいつ変更されたのかだ。

Goldmine第3版の簡易レーベルガイドを見ると、1977年中に黒丸レーベルから音符レーベルに変更されたことになっている。
この記述が正しいとすると、"Rainbow Seeker"のリリースは1978年だから、音符レーベル初盤でいいはずである。
そうだとすると、ボクが持っているレコードのA面が黒丸レーベルなのは、音符レーベルに切り替わったばかりの頃に残余レーベルが使われたためということになる。

これが一つ目の落とし穴だ。

Goldmineといえども簡単に信用してはいけない。
試しに、オークションサイトとかで、"Rainbow Seeker"を検索してみてほしい。
両面黒丸レーベルのレコードが山ほど出てくる。
"Rainbow Seeker"が78年の何月にリリースされたのかわからないのだが、少なくともこのレコードがリリースされたときにはまだ黒丸レーベルが使われていたと考えるのが自然だ。

いずれにせよ、このレコードの初盤は、両面黒丸レーベルだろう。

実際、ボクが以前から持っていたレコードのMatrixは次のようなものだった。

A面: AA 1050A-1B
B面: AA 1050-B 1A 1C RE

初盤にしては、B面のMatrixが怪しすぎる(笑)
それによくよく見ると、A面とB面では筆跡が違う。
このレコードは、A&MスタジオでBernie Grundmanがマスタリングしたとクレジットされているのだが、A面は確かに彼の筆跡だと判定できるものの、B面の筆跡はどうも彼の筆跡ではない。

REとあるのはおそらくリカッティングで、BG以外の別のエンジニアの手によるものだろう。
これはもうセカンド・プレス確定である。

このレコード、A面ラストの"Melodies of Love"がとにかく名曲として有名だが、B面ラストの"Together We'll Find a Way"も美しさでは負けていないし、ボクは後者のほうが好きなんである。
ファースト・プレスはおそらくB面もBGカッティングだろうと思ったら、もう居ても立ってもいられなくなってしまった。

で、両面黒丸レーベルを探していたのだが、ここにもう一つ落とし穴があった。
もっとも、ボク自身は、この落とし穴は避けられたのだが、それは偶然にすぎない。

そのへんにゴロゴロしているレコードである。
探そうと思えば両面黒丸レーベル盤も簡単に見つかる。
かくして、ボクも簡単に両面黒丸レーベル盤を手に入れた。
A面はまったく同じだったので、B面の写真のみ載せておこう。


20180819-4.jpg


このレコードのMatrixは次のようなものだった。

A面: AA 1050A-1B
B面: AA 1050B-1A

B面の筆跡もBGのものに間違いない。
両面末尾1Aもあるかもしれないが、まぁ、これもファースト・プレスでいいだろう。

それより、問題はジャケットである。
裏ジャケットが、以前持っていたものと違うのだ。


20180819-5.jpg


向かって左側(右端のクレジットが少ないほう)が今回手に入れたもので、右側(右端のクレジットが多いほう)が以前から持っていたものだ。
何故これほどクレジットの量に違いがあるかと言えば、左側は誰がどの楽器を演奏しているのかのみのクレジットであるのに対して、右側はどの曲でやっているのかも書いてあるからだ。

いずれにも、西海岸のサンタマリア工場プレスの盤が入っていたから、地域による差ではなさそうだ。
ということは、時間的な差ということになる。

クレジットの量をわざわざ減らす変更というのも考えにくい。
むしろ、ファースト・プレスのリリース後、「誰がどの曲でやっているのか、ちゃんとクレジットしろ」というリクエストがあって、裏ジャケットを変更したと考えるのが自然だ。
したがって、クレジットの少ない左側が初盤ジャケットの可能性がきわめて高い。

ここで問題は裏ジャケットの変更がいつ行われたかだ。
Discogsやオークション・サイトに山ほど出ているものをチェックしてみると、まぁ数がけっこう出ているので、ちょこちょこ初盤ジャケットも出ているが、両面黒丸レーベル盤でもジャケットについてはクレジットの多いセカンド・ジャケットというパターンもかなり多く見つかる。
黒丸レーベルってだけで探すと、セカンド・ジャケットの盤を掴む可能性もかなり高そうなのだ。

これが、二つ目の落とし穴である。
ボクはたまたま運よく落ちなかったが、けっこうな確率で落ちそうな落とし穴だ。

まぁ、セカンド・プレスでも三拍子そろった名盤であることに違いはないんだけどね(笑)

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

終戦の日 [ETC]

終戦の日である。

平和を祈りながら、今年はこのレコードを聴こう。


20180815-1.jpg


UKオリジナルやUSオリジナルはときどき引っ張り出して聴くので、今日はミレニアム・エディションで聴いてみる。

ときどきは聴いてあげないとねぇ。
って、買ったとき聴いて以来の気もするけど(笑)

"Imagine"を聴くつもりでかけたレコードだけど、大音量で降り注ぐ音に身を任せていたら、"I don't wanna be a soldier mama"に宿る強烈なメッセージ性に初めて気づいてしまった。

「兵隊になんかなりたくないんだ」って叫んでいるのは、ジョンじゃない。
未来の子ども達なんだな。
いろんなことが全部腑に落ちたよ。

"Imagine"が理想の世界をソフトに思い描く歌だとしたら、"I don't wanna be a soldier mama"は、未来の子どもたちの視点から、いまのままでは行きついてしまいかねない残酷な未来を痛烈に描き出す歌なわけで、この二つの歌は表裏の関係にあるわけだ。


さて、"Imagine"といえば、エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy)のカバーも聴いておかないとね。


20180815-2.jpg


エヴァの歌は、いつ聴いても、心の奥の奥まで沁みてくるなぁ・・・

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Hall & Oates, H2Oの日本盤 [アナログ・コレクターの覚書]

先日、ぶらりと寄ってみた近所のレコード屋で、ホール&オーツ(Daryl Hall & John Oates)"H2O"の日本盤見本盤を手に入れた。


20180813-1.jpg


「これ、ホントに欲しいのか?」と自問自答しつつ、「見本盤」とか「プロモ」とかいう言葉に、すこぶる弱くなっている今日この頃なのである(笑)
まぁ、でも、高ければ思いとどまるんだが、これは安かったしね。

で、ジャケに見本盤シールが貼ってあるだけでなく、レーベルにもちゃんと「見本盤」と印刷してある。


20180813-2.jpg


Runoutを見ると、A 111/B 111だ。
手持ちの日本盤はA 117/B 116だったから、流石見本盤である。

盤自体は通常盤と同じく半透明盤で、透け方もまったく同じだ。
ってことで、2枚並べて撮ってみた。


20180813-3.jpg


音は日本盤らしい優等生的なものだが悪くない。
というか、ずっと日本盤で聴いてきたので、こっちのほうが慣れ親しんだ音ではある(笑)
RLカットでキレッキレのUSオリジナルではなく、日本盤を聴きながら昔を懐かしみたい日もある(かもしれない)。

っていうか、そんなことより、前の"H2O"に関する記事の中で一つ訂正しなければならないことを発見したのだった。


20180813-4.jpg


背表紙を基準にして撮ってみたので、この写真でわかるだろうか。
帯付きが前から持ってた日本盤で、上に載ってるのが見本盤だ。


20180813-5.jpg


ひっくり返すとこんな感じ。

そう、前の記事でボクは、「日本盤は、ジャケットの表裏どちらも90度間違えている」と書いたが、日本盤も最初はUS盤と同じだったのである。
つまり、「90度間違えた」のではなく、後から「あえて90度ずらした」んだと思う。

でも、どうしてこんな変更をしたんだろう?
なにか手がかりがないかとジャケを眺めていて、ボクはあることに気づいた。

この謎は、日本盤にあって、US盤にないものに気づくと解けるのだ(そんな大げさなもんじゃない 笑)

日本盤にあってUS盤にないものとは?


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Rickie Lee Jones, The Magazineのこと [アナログ・コレクターの覚書]

前回の記事からの流れで、今回はリッキー・リー・ジョーンズ(Rickie Lee Jones)のファースト・アルバムが取り上げられるに違いないと思っていた方も多いかもしれない。
(「そもそもブログの読者自体が多くないだろ!」というツッコミは無しね 笑)

実際、何年も前から掘ってはいるのだが、これがまた、一筋縄ではいかない部分があって、仮説の裏付けがなかなかできないんである。
ってことで、ファースト・アルバムについてはもうしばらく探求させていただくとして、今回はサード・アルバム"The Magaine"のことを取り上げよう。


20180807-1.jpg


前回の記事で紹介したように、この作品は1984年リリースなので、日本盤は従来のノートレーベルのままだが、USワーナー盤は新しい透かしレーベルに切り替わっている。


手持ちのUS盤(Warner Bros. Records ‎9 25177-1)のMatrixを見てみると、次のように刻印されている。

Side 1: 1-25117-A-SH3 @ B-19480-SH3 TML-M SLM △7358
Side 2: 1-25117-B-SH4 @ B-19681-SH4 TML-S SLM △7358-X

@(実際には筆記体の小文字のaを模した独自のロゴだが、ここでは@で代用する)とTML-M/TML-Sは機械刻印だが、それ以外はすべて手書きである。

TMLは、Doug Saxが設立したカリフォルニアにあるマスタリング・スタジオ、The Mastering Labにおけるマスタリングを示すもので、TML-MとTML-Sはカッティング・レースによる違いだ。
もっとも、このレコードの場合は、Doug Saxではなく、Ron Lutterがカッティングを行っている(インナースリーブに書いてある)。

1-25117がレコード番号だから、そのあとのB-19480(Side 1)とB-19481(Side 2)はマスター番号だろう。
SH3/SH4がMatrix末尾なので、Side 1が3番目に切られたラッカーでSide 2が4番目に切られたラッカーということになるが、この時期、まぁ、このぐらいは初回に切られたラッカーだと思う。

SLM △_ _ _ _/ SLM △_ _ _ _-Xは、Sheffield Lab Matrixでメッキ処理が行われたことを示すものだ。
Sheffield Lab Matrixの工場は、西海岸ではカリフォルニアに、東海岸ではペンシルベニアに存在していたが、このレコードは当然カリフォルニア工場で処理されたと思われる。

@は、カリフォルニアにあるプレス工場Allied Record Companyのロゴのことなので、Allied Record Companyでプレスされたものであることがわかる。

ワーナーはもともと西海岸の会社だし、Matrix末尾SH1でないところに多少の不満は残るものの、西海岸産の手持ち盤もオリジナル初回盤と判定して良さそうだ。


さて、次は日本盤(Warner Bros. Records P-13023)の話である。
というのも、このレコードの日本盤、輸入メタルを使ってプレスされているからである(まぁ、セカンドの"Pirates"からそうなんだけどね)。

カッティングについては???ということも多いが、プレス品質と盤の材質については、日本盤は世界に誇ることができるほど優れている。
つまり、輸入メタルの日本盤は、音質的には本国盤オリジナルを越えることもあるのだ。
80年代はとくにそうである。

では、この"The Magazine"はどうなのか?
Runout情報を読み取っていこう。

当然ながら、日本盤のレコード番号の刻印はある。
見慣れた機械刻印だ。


20180807-4.jpg


そして、輸入メタルであることを示す手書きの刻印がある。


20180807-5.jpg


少し見にくいかもしれないが、"1-25117-A-INTL SET 5"とある。
おそらくINTLは国外向けを示すもので、その5番目のカッティングということだろう。
実は、写真に撮り忘れたが、このほかに"JAP"とも刻まれている(ちなみにSide 2は"JAPAN")。

TML刻印も、もちろんある。


20180807-6.jpg


Side 1は、"TML-M"だ(ちなみにSide 2はTML-X)。

Matrix末尾が若干進んでいるものの、本国盤オリジナルを凌駕する音質への期待がムクムクと湧き上がってくる。

しかーし、実際に聴いてみると、残念ながら本国盤オリジナルは超えていない。
輸入メタル使用なんで日本盤も良い音ではあるのだが、やはり本国盤オリジナルに分があるのだ。

それは、もしかしたら、これのせいかもしれない。


20180807-3.jpg


そう、手持ちの本国盤オリジナルは透けるのである(笑)
(USオリジナルがすべて透けるのかは知らない。)

いや、でも、むしろ、帯にしっかり書いてある、こっちの理由のほうが大きいか。


20180807-8.jpg


そう、日本盤は、Side 2におさめられた組曲"Rorschachs"の"Theme For The Pope"が、フランス語のヴォーカル入りバージョンなのである。
US盤は、歌詞のない「ララ~ラララ~ラ~」というバージョンだ。

このせいで、US盤の歌詞付インナースリーブと日本盤の歌詞付インサートは少し違っている。


20180807-2.jpg


"Theme For The Pope"の歌詞がないぶん、US盤のインナースリーブのほうには、スナップショットなどが掲載されているのだ。

ってことで、日本盤はUS盤とはバージョン違いの曲が収録されているわけだが、問題はどっちが先に作られたかということだ。

Side 2のMatrixを見てみよう。


20180807-7.jpg


少し見にくいかもしれないが、"1-25117-B-RE1-INTL 6"となっている。
"RE1"が付いてるってことは、後から作ったのね・・・

そうそう、日本盤にももちろんSLM刻印があるのだが、US盤が△7358だったのに対して、日本盤は△7382である。
メッキ処理も、ちょっと後で行われたのね・・・

そんなわけで、"The Magazine"日本盤は、輸入メタルなれど「本国盤オリジナルを凌ぐ音質の日本盤」の仲間入りはできなかったのであった。

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

80年代USワーナーの罠 [アナログ・コレクターの覚書]

先日、なんとなくヤフオクを見ていたら、思わず目が点になってしまったことがある。

1979年にリリースされたリッキー・リー・ジョーンズ(Rickie Lee Jones)のファースト・アルバムのオークションだったのだが、USオリジナル「両面マト1完全初回」という謳い文句で出品されていたのが、なんと80年代半ばの再発盤だったのだ。

まぁ、確かに、再発でカッティングしなおされて両面マト1にはなってるんだが、ぜんぜんまったくこれっぽっちも初回ではない(笑)

USワーナーは、1983年頃にレーベル・デザインを変更した。
リッキー・リー・ジョーンズで言えば、サード・アルバムの"The Magazine"から新しいデザインのレーベルが使用されたのだが、「両面マト1完全初回」という謳い文句でヤフオクに出品されていたファースト・アルバムのレーベルは、この"The Magazine"と同じデザインだったのである。
初回であるはずがない。

もっとも、このUSワーナーの80年代半ばのレーベル・デザイン変更には、ちょっとした落とし穴がある。
日本盤のレーベル・デザインは本国と同時には変更されなかったからである。

たとえば、"The Magazine"で言えば、USオリジナルは、下部のワーナーロゴがなくなり、横線が消えて、大きな透かしロゴが散りばめられた、新しいレーベル・デザインである(便宜上「透かしレーベル」と呼ぶ)。

20180804-7.jpg


それに対して、日本盤は、下部にワーナーロゴがあり、横線の入った、従来のレーベル・デザインである(便宜上「ノートレーベル」と呼ぶ)。

20180804-8.jpg


日本盤のレーベル・デザインのイメージが頭にこびりついていると、レーベルによるUSオリジナルの判断の際に混乱してしまう危険性がある。
「これ透かしレーベルでよかったっけ?あれ?でも、もっと後までノートレーベルだった気がするなー」なんて、せっかく発見した初盤をレイトだと思ってリリースしちゃったりね。
「80年代USワーナーの罠」である(笑)
(いや、ただの思いつきのオヤジギャグです、すみませんσ^_^;)

いずれにせよ、USワーナーは1984年には、透かしレーベルにデザインを変更している。
有名なところでは、1984年1月9日にリリースされたヴァン・ヘイレン(Van Halen)"1984"のUSオリジナルが、すでに透かしレーベルである。

20180804-6.jpg


では、透かしレーベルに切り替わったのは、正確にはいつなのか?
キリよく1984年から切り替わったのか?
それとも、1983年中のいつかの時点で切り替わったのか?

こういうときにわりと便利に使っているのが、GoldmineのRecord Album Price Guide(第3版)だ。Introductionの中にRecord Label Identifierという項目があり、16頁にわたって、主だったレーベルの変遷が非常に簡単にではあるがまとめられている。

20180804-1.jpg


ってことで、早速ワーナーのところを見てみると、ノートレーベルが「1978-83?」で透かしレーベルが「1983?-present」となっている。
どうやら、「1983年中らしいが、よくわからん」ということらしい。

第3版が出版されたのが2003年、すでに15年も経っている。
「もしかして、新しい版には、いろいろ研究が進んで新しい情報が盛り込まれてるかも?」なんて思ったら、いてもたってもいられなくなって、昨年出版された第9版を買ってしまった。

20180804-2.jpg


ところが・・・

Record Label Identifierという項目は、きれいさっぱり消えてなくなっている。

役に立たねー(涙)

もうこうなったら、わが家のレコード棚とDiscogsのデータベースを地引網探索である。

そんなこんなで、ここにたどり着いた。

20180804-3.jpg


ロッド・スチュワート(Rod Stewart)"Body Wishes"が1983年6月10日リリースでノートレーベル。

20180804-4.jpg


カーリー・サイモン(Carly Simon)"Hello Big Man"が1983年8月31日リリースで透かしレーベルである。

20180804-5.jpg


ってことで、1983年7月あたりが境目になりそうな気がするんだが、どうだろう?

レコードって、リリース年はわかってもリリース月まではわからないものが多かったり、必ずしもカタログ番号順にリリースされているわけではなかったりするので、いろいろ難しいのだが・・・

ちなみに、ジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)" You Bought It - You Name It"(うちのレコード棚にはありませんσ^_^;)が1983年10月9日リリースなのにノートレーベルだったりして、7月説と矛盾してしまうのだが、カタログ番号的にはカーリー・サイモンの"Hello Big Man"より前なので、プレス自体は7月までに終っていたもののリリースだけが遅れた(遅らせた?)のだと考えると、一応矛盾なく説明できる気はする。

さて、真相やいかに?

コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -