So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

モカの香りにつつまれて 3 [音楽が奏でる情景(小説編)]

 わたしたちは、ほとんど毎日、バンドの練習のために集まった。夕方5時くらいに集まって、そのまま9時、10時まで、練習は続いた。

 すべてが健志のオリジナルだったから、アレンジも白紙の状態からはじまる。だから、練習といっても、最初は、ああでもないこうでもないと言い合いながら、一応納得のいくアレンジを作り上げるだけで、あっという間に時間は過ぎていった。

 練習が終わった後も、場所を居酒屋やラーメン屋や定食屋に移して、走り書きのような譜面を前に、アレンジの細かな修正なんかをしたりした。時には、健志の部屋で、夜中までということもあった。

 眠気をさますために、健志はよくコーヒーをいれてくれた。「老後は喫茶店でも開くかな。」というほど、健志はコーヒー好きだった。

 そんな風にして、ライブ用の5曲が一応の形を整えるまでに、3ヶ月ほどかかった。

 アレンジを作り上げる過程で、すでに、かなり、バンド演奏の練習もしていたとはいえ、アレンジが出来上がった途端に、1ヶ月後にライブの予定を健志が組んでしまったのには驚いた。わたし自身は、まだ、大勢の観客の前で歌えるほど、健志の歌を歌いこなせているとは思えなかったからだ。

 「江里子は一度ライブを経験した方が、いい歌が歌えると思ったから。」

 それが健志の理由だった。

 ライブまでの一ヶ月は、ほんとうにあっという間に過ぎた。多少ましになってはいたが、相変わらずわたしの歌は、健志におんぶに抱っこの状態だった。


 ライブの前日、すでに緊張の塊と化していたわたしを、珍しく、健志は家まで送ってくれた。

 「やっぱり、わたし、だめよ・・・」

 そう言いながら健志を見上げたわたしの目は、たぶん、生まれたばかりの小猫のように怯えていたと思う。

 「心配しなくても大丈夫だよ。」

 そう言いながら、健志はいつものように優しく微笑んだ。

 「ライブの間だけ、俺に恋しろよ。俺も江里子に恋するからさ。」

 健志が、わたしの気持ちに気づいていなかったのか、それとも気づいていながら気づかないふりをしていたのかは、わたしにはわからない。そのときにはすでに、わたしは健志に恋をしていた。ただ、その気持ちを、必死で健志に気づかれまいとしていたことも事実だった。

 「ライブの間は、恋人同士になったつもりで歌えばいいの?」

 わたしの言葉に、健志はやっぱりあの優しい微笑みで答えた。


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

モカの香りにつつまれて 2 [音楽が奏でる情景(小説編)]

 電話のベルがなったのは、それとほぼ同時だった。

 受話器をとる。

 「はい。」

 「江里子?俺。わかるか?」

 確かに、わたしは江里子だけれど、「俺」でわかる男の知り合いは、別れた夫以外に思い浮かばない。しかし、受話器から聞こえて来た声は、別れた夫のものではなかった。

 わたしは、思わず黙り込む。どう答えていいかわからなかった。

 「久しぶりだからなあ。俺の声、忘れちまったか・・・」

 受話器の向こうの声は、それほど失望したようでもない。「まあ、当然だろうな。」というような調子だ。でも、確かに、その声には聞き覚えがある。

 「健志?」

 わたしは、懐かしい名前を口にしてみた。ほとんど確信しながら。そして、狂おしいほどの切ない想い出が、隙間だらけの心に押し寄せて来るのを感じながら。


*     *     *     *     *


 健志とは、短大1年の夏、絵美を通じて知り合った。当時絵美のつきあっていた彼が、一橋大学の軽音楽部に所属していて、健志も同じサークルに所属していたのだ。

 その頃健志は、コピーばかりやっているバンドに飽き飽きしていて、オリジナルをやれるバンドを作りたいとメンバーを探していた。健志がやりたいと思っていたのは、バービーボーイズのような男女のツインボーカルのバンドだった。

 健志のパートはギターとボーカル。ドラム、ベース、キーボードともう1人のギターは軽音楽部の仲間の中から見つかった。けれど、肝心の女性ボーカルが見つからず、絵美の彼を通じて、絵美の短大仲間に声をかけてきたのだった。絵美は、真っ先にわたしに声をかけてきた。絵美とは、よくカラオケに出かけていたが、わたしの歌をとても気に入ってくれていた。

 カラオケで歌うならともかく、バンドのボーカルとなると、わたしは少し尻込みした。カラオケなら、観客は、ごく少数の知り合いしかいない。バンドとなると、ライブハウスでライブもやることになる。確かに歌うことは好きだったけれど、もともと気の小さい方だったわたしは、大勢の観客の前で歌うことなど、考えたこともなかった。

 尻込みしているわたしを、絵美が無理矢理、健志のところに引っ張っていった。


 軽音楽部のあまりきれいとは言えない部室の中で、はじめてわたしを見たときに健志が言った言葉を、わたしは、今でもはっきり覚えている。

 「ルックスは合格!」

 健志はそう言って微笑んだ。

 その瞬間にわたしの心に起こったことなんて、全く気づかないように、

 「じゃあ、ちょっと歌ってもらおうかな?」

 健志はそう続けた。

 わたしは、内心かなりドキドキしながら、言われるままに、バービーボーイズの曲を二曲ばかり、バンドの伴奏で歌った。もちろん、健志と一緒に。

 ドキドキしてかなり緊張していたのに、歌い出すと、自分でも信じられないくらいよく声がでた。はじめて一緒に歌ったのに、まったくそんな気がしないくらいに息が合って、ほんとうに気持ちよく歌えた。

 「サイッコー!」

 歌い終わった後、健志は小躍りするようにそう叫んで、わたしに微笑んだ。


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

モカの香りにつつまれて 1 [音楽が奏でる情景(小説編)]

 始めたばかりの仕事で神経を使うせいか、金曜日の終業時間になると、どっと疲れが出る。わたしは、重い身体を引きずるようにして、やっとのことで家までたどりついた。

 鍵をあけて部屋に入っても、誰もいない。真っ暗の部屋は、妙に冷たかった。

 メッセージが残されていることを知らせる留守番電話のシグナルの点滅だけが、暗い部屋の中に浮かんでいた。

 ほんの一月前までは、わたしは、ごくありふれたどこにでもいる主婦だった。そのことに別に何の不満もなかったし、夫にも十分尽くしていたと思う。夫も、そのことはちゃんと理解していてくれたはずだ。

 でも、きっとわたしには、何かが足りなかったのだろう。わたしが、平々凡々な主婦に満足して呑気に過ごしている間に、夫は愛人を作った。

 それだけなら、そして、わたしのもとに帰って来てくれたなら、わたしはたぶん夫を許しただろう。でも、夫は帰って来てはくれなかった。

 夫から突然離婚を切り出されたときには、頭の中が真っ白になって、何も考えられなかった。

 「好きな人ができた。」という夫の言葉も、どこか上の空で聞いていたような気がする。

 気持ちが落ち着いてくると、今までの結婚生活がすべて色褪せて見えた。「絶対に離婚はしない!」と頑張る気にはなれなかった。もう愛されていないのなら、結婚生活を続けても仕方ないと思った。離婚となった場合に一番考えなければいけない子供も、わたしたちにはいなかった。

 わたしは、夫に言われるままに、離婚届に印を押していた。


 真っ暗な部屋の中で、わたしはしばらく、ドアの前でぼんやりしていた。明かりをつける気にはなれなかった。暗く冷たい部屋、そこでしばらく寂しさを噛み締めるのが、最近のわたしの習慣になっていた。いつからこんなに自虐的になったのだろう。

 暗闇の中で、わたしは、のろのろと電話機に向かう。この部屋の電話番号を知っている人はそれほど多くない。留守電にメッセージを入れたのも、母か絵美だろう。絵美は、短大時代からのわたしの親友だった。

 留守番電話が再生したのは、発信音と記録時刻を知らせるメッセージだけだった。少し気味悪い。この部屋の電話番号を知っている人間で、無言のメッセージを入れる人間がいるだろうか?

 そのままどっとソファの上に腰を下ろしながら、わたしは、この部屋の電話番号を教えた知り合いの顔を、一人一人思い浮かべてみる。やはり、無言のまま切りそうな人間は思い当たらない。

 とりあえず、わたしは、絵美に電話してみることにした。というより、絵美と電話で話すことは、ほとんど毎日の日課だった。時には朝方までの長電話に、絵美はいやな顔一つせず、つきあってくれた。絵美がいなかったら、この身を裂かれるような孤独の中で、わたしの精神は崩れ去っていたかもしれない。

 わたしは、もう一度電話機に向かおうと、重い腰をあげた。


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

小説が書きたい [ETC]

前クールのドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』の影響か、最近、小説が書きたくて仕方がない。

もっとも、書きたいのは恋愛小説ではない。
アナログレコードのオリジナル盤をめぐって、一喜一憂するコレクターの日常を描くようなものだ。

要は、このブログでオリジナル盤について書いていることを、小説仕立てで書けないかと考えているのである。

で、何か参考になるかなと、これを読んでみたら、見事にはまった。


20190120.jpg


『ビブリア古書堂の事件手帖』である。
7巻まとめ買いして、一気に読んでしまったよ。

登場人物に対して共感するところも魅力を感じるところもなかったんだけど、初版本をめぐる蘊蓄と謎解きに、ぐいぐい惹きこまれてしまったという感じかなぁ。

初版本をめぐる話は、レコードのファースト・プレスをめぐる話と、かなーり通じるもんがあるよね。
まぁ、アナログレコード・マニアの世界には、古書マニアの世界と違って妖怪みたいな老人は蠢いてないだろうけど。
って、ボクが知らないだけで、いるのかな?
いたら、怖いな。

さて、アナログコレクター小説、書きたい気持ちはあるんだけど、書けるかなぁ?

小説といえば、旧ブログに載せていた短編小説、こっちに転載してなかったな。
転載しとこっと。
ボクの書く小説ってのは、こんな感じってことで(笑)


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1966年から1967年のImpulse! [アナログ・コレクターの覚書]

さて、考レコ学クイズ3の解答編である。

レーベル上で注目すべきなのは、レーベル下部のこの部分である。

①Sonny Rollins, Original Music From The Score "Alfie"(Impulse! AS-9111)
20190114-1.jpg


②John Coltrane, Expression(Impulse! AS-9120)
20190114-2.jpg


③Sonny Rollins, East Broadway Run Down(Impulse! AS-9121)
20190114-3.jpg


Impulse!は1960年にAm-Par Record Corp.のジャズ部門レーベルとして出発したのだが、1962年には社名がABC-Paramount Records, Inc.に変更されたので、1966年の段階では、レーベル下部に白文字でクレジットされるこの部分の表記は、二行で下記のようになっている。

A PRODUCT OF ABC-PARAMOUNT RECORDS, INC.
PRINTED IN USA

1967に入ると、社名はABC Records Inc.にかわり、この部分の表記は、三行で下記のようになる。

A PRODUCT OF ABC RECORDS INC.
NEW YORK N.Y. 10019
MADE IN USA

出題のレーベル画像を見ると、①AS-9111がABC-PARAMOUNT RECORDS表記で、②AS-9120と③AS-9121がABC RECORDS表記なので、まずは次のように推測するのが普通だろう。


・ABC Records Inc.への社名変更が③AS-9121のリリース以降だとすると、②と③がセカンド・プレスで①だけファースト・プレスということになるから正解は1。

・ABC Records Inc.への社名変更が②AS-9120のリリース後、③AS-9121のリリース前だとすると、①と③がファースト・プレスで②だけセカンド・プレスということになるから正解は3。

・ABC Records Inc.への社名変更が①AS-9111のリリース後、②AS-9120のリリース前だとすると、すべてファースト・プレスということになるから正解は4。

しかし、この推論には落とし穴がある。
レコードはカタログ番号順にリリースされるわけではないからである。

そこで裏ジャケットのクレジットが重要になってくる。
初期の頃は違うようだが※、少なくともこの頃以降のImpulse!の裏ジャケットの社名クレジットは、レイトになっても変更されず、初盤と同じである。
つまり、裏ジャケットを見れば、リリース当時の社名がわかる。

※たとえば、John Coltrane, "Live" At The Village Vanguard(A-10)は、社名がAm-Par Record Corp.の頃のリリースなので裏ジャケットのクレジットも当初はそうなっていたが、ABC-Paramount Records, Inc.に社名変更になった後に裏ジャケットのクレジットも変更されている。もっとも、その後は変更されなかったらしく、70年代半ばのグリーン・レーベルの盤が入っているコーティングのないジャケットの裏側のクレジットもABC-Paramount Records, Inc.のままである。そうかと思えば、Curtis Fuller, Soul Trombone And The Jazz Clan(A-13)では、手元にあるのは70年前後に使用された赤黒レーベルだが、裏ジャケットはAm-Par Record Corp.のままだ。おそらく、当初は、ジャケットは盤よりも余分に製造してストックしてあり、ストックが切れるまでは当初のジャケットが使用された(だから、赤黒レーベルの盤がしばしば分厚いコーティングのジャケットに入っている)が、ストックが切れたときの追加製造ではクレジット変更をすることがあったので、よく売れたレコードについては、クレジット変更されたジャケットも存在するということなんだと思う。あくまで初期の頃の話だが。


で、ヒントの画像を確認すると、①AS-9111はABC-Paramount Records, Inc.、②AS-9120はABC Records Inc.、③AS-9121はABC-Paramount Records, Inc.だ。


20190113-4.jpg
20190113-5.jpg
20190113-6.jpg


リリース年月を調べるのはかなり厄介なのだが、実際にも、どうやら①AS-9111と③AS-9121は1966年中にリリースされているのに対して、②AS-9120は1967年9月のリリースのようである。

つまり、②AS-9120は1967年も後半になってからのリリースなのでABC RECORDS表記でもファースト・プレスだが、③AS-9121は1966年中のリリースなのでABC RECORDS表記ではセカンド・プレスなのだ。

ってことで、③AS-9121だけがセカンド・プレスなので、正解は2ということになる。

ジャズのレコ―ドになんて興味ないよって人も、このスキル(裏ジャケットのクレジット―社名より住所表記が重要になるけど―と照合してファースト・プレスかどうか判定するスキル)は、身につけておけば、ロックのレコードを中古レコード屋で掘るときにも、割と役立つ(かもしれない)よ(^_-)-☆


さて、今回の記事は、実は、①AS-9111のファースト・プレスのジャケット・デザインについて書きたいことがあって、その前置きだったのだが、すでに十分長い記事になってしまっているので、①AS-9111のファースト・プレスの話についてはまた別の機会にすることにしよう(笑)

コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -