So-net無料ブログ作成

Kansas, LeftovertureのUSオリジナル その3 [アナログ・コレクターの覚書]

"Leftoverture"については、とりあえず「その2」で終る予定だったのだが、最後に書いた「いまだ解けない謎」について、ちょっとメモしておきたいことができたので、追加記事を書いておきたいと思う。


まず、「いまだ解けない謎」を確認しておこう。

前の記事にも書いたが、英語版WIKI上では、このレコードの発売日は1976年10月21日ということになっている。

この発売日情報が正しく、かつ、WLPのジャケットに貼られたシール上の8/76が1976年8月を意味しているとすると、このレコードについては、発売日の2か月も前にラジオ局にWLPが配られたことになる。

発売日の2か月前ってのは、いくらなんでも早すぎやしないだろうか。
どうにも腑に落ちない。
やっぱり、発売日は76年8月か、遅くても9月で、さすがに10月も末ってことはないんじゃないか。

これが未解決の疑問だった。


で、これは前の記事を書いた後に気づいたことなのだが、RIAAのWEBサイトを見ると、"Leftoverture"の発売は、なんと1976年1月30日になっているのである。

1月30日リリースなら、ヒットチャートを駆け上がっていく過程で配られたと考えれば、WCAS(マサチューセッツ州ケンブリッジのAMラジオ局かなぁ?)が76年8月に入手したとしても、辻褄が合う。
辻褄は合うのだが、さすがに9か月近くも遡るとモヤモヤする(笑)

そんなときに、ツイッター上でサボテン・レコードさんから情報をいただいた。
チャートの動きから推測するという目から鱗の情報である。

"Leftoverture"は、ビルボードの11月6日付のチャートに初登場96位であがっているという。
ここから、10月21日発売というのが正しいんじゃないかとのこと。

この推測で一番解せなかったのは、96位とはいえ、リリース後わずか2週間でチャート入りするもんだろうかということだ。
前作"Masque"はゴールドディスクを獲得しているとはいえ、それは77年12月16日のことで、これは"Leftoverture"のヒットにつられて前作も売れた結果だろう。
”Leftoverture"のリリース当初は、まだブレイク前で、リリース直後にチャートに登場するほどの人気はなかったんじゃないだろうか。

サボテン・レコードさんからは、1975年9月発売の前作"Masque"が12月にチャート入りしているからすでにそれなりの人気はあったはずで、リリース後2週間でのチャート入りも必ずしもおかしくはないのではないかとのご指摘もあり、そういうこともあるかもしれないとも思ったのだが、その反面、やはり、"Leftoverture"の頃はチャート入りに3か月くらいはかかったんじゃないかという気もした。

ボクとしては、10月21日発売というのは、どうにも遅すぎる気がしてならないのである。
かといって、1月30日というのはどう考えても早すぎる気はするのだ。


録音年月とかがわかれば、発売日の推測に役立つかと思ってWIKIを見てみると、次のようになっていた。

Kansas        1973年9月録音    1974年3月8日発売
Song for America  1974年12月録音    1975年2月発売
Masque        1975年夏録音     1975年9月20日発売
Leftoverture      録音日不明      1976年10月21日発売
Point of Know Return 1977年6月~7月録音  1977年10月11日発売

なんで”Leftoverture"だけ不明なんだ?
それはまぁいいとして、ファーストをのぞけば、他のアルバムは発売日の2か月前に録音されている(”Point of Know Return"の発売日を10月11日だとすると録音は3か月くらい前になるが、RIAAのWEBサイトでは9月1日とされているので、そちらを基準にすると2か月前になる)。
まぁ、そんなもんか。
だとしたら、10月21日リリースの”Leftoverture"の録音は8月ということになる。
どう考えても、8月にWLPができていて、ラジオ局に配ることができたとは思えない。

WIKIの言うとおり、10月21日リリースだとすると、WCASのシールの上に書かれた8/76がどうやっても説明できないのである。


少し視点を変えて、チャートの推移から推測するというサボテン・レコードさんのアイディアを、応用してみよう。

ビルボードの最高位は、”Leftoverture"が1977年4月2日の5位、"Point of Know Return"が1978年5月6日の4位である。

https://www.billboard.com/music/kansas/chart-history/billboard-200


RIAAのWEBサイトによると、"Point of Know Return"は1977年10月11日にゴールド認定されているので、WIKIが正しいとすると、発売と同時にゴールド認定ということになるが、RIAAのWEBサイトでは、1977年9月1日リリースということになっている。

10月11日リリースだとしてビルボードの最高位までに7か月、9月1日リリースだとすると8か月かかっていることになる。

”Leftoverture"が"Point of Know Return"より速いチャートの動きをしたとは考えられないので、まったく同じだとしても、最高位の4月から7か月~8か月遡れば、リリースは1976年8月か9月ということになる。

やはり、”Leftoverture"のリリースは、1976年8月かどんなに遅くても1976年9月で、それより後のことはないんじゃないだろうか。

ってことで、ボクは、WIKIよりも、この手書きのシールを信じたいのである(笑)


20190707-8.jpg


タグ:Kansas
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント