So-net無料ブログ作成

チャプターマークを付ける [J-POP]

Blu-rayレコーダーのHDDがいっぱいになったので整理していたら、録画したまま観るのを忘れて放置していたAugusta Camp 2018を発見したので、観てみた。

この手のイベントやフェスの場合、録画を保存しておくにしても、思い出してまた観たくなる演奏というのは限られているので、ボクはチャプターマークの機能を利用している。

で、秦基博「鱗」、スキマスイッチ「奏」、山崎まさよし「One more time, One more chance」あたりにチャプターマークを付けたのだが、ほかに全く知らなかったアーティストの演奏でボクの琴線にひっかかったものが二つあった。

ひとつは、HaiRi「未来のつぼみ」である。
YouTubeにMVのショートバージョンがあるので貼り付けておこう。





なんだか高校時代を思い出して、ちょっと胸がキュンとするのである。
この切なさの正体はなんだろう?(笑)


Spotifyにフルバージョンがあるので、これも貼り付けておこう。





もうひとつは、松室政哉「海月」だ。
YouTubeにMVのショートバージョンがあるので貼り付けておこう。





サビがいいよねぇ。

   ♪ 君が流した涙の海に 浮かぶ僕は海月


そういや、新江の島水族館にクラゲを見に行こうって約束したなぁ。
実現しなかったけど(笑)

なーんてことをふっと思い出した。

これもSpotifyにフルバージョンがあるので貼り付けておこう。





最後にもう一度観たくなるのは、やっぱり、山崎まさよし「One more time, One more chance」だ。
YouTubeにMVのフルバージョンがあるので貼り付けておこう。





YouTubeがフルバージョンなので、Spotifyは必要ないといえば必要ないけど、一応貼り付けておこう。





   ♪ これ以上何を失えば 心は許されるの?
   ♪ どれほどの痛みならば もう一度君に逢える?


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

中島みゆきを聴きながら [J-POP]

昨夜、大坂なおみ選手の全豪オープン優勝に興奮冷めやらぬなか、なんとなーく番組表をみていて、SONGS(NHK)で「中島みゆき」を取り上げているのを見つけた。

で、なんとなーく観ていた。

ライブ映像で放送されたのは、「ホームにて」「蕎麦屋」「EAST ASIA」の3曲。

この選曲ってどういう意図なんだろう?と思ったら、昨年12月にリリースされたばかりのライブ音源を集めたCD「中島みゆき ライブ リクエスト―歌旅・縁会・一会― 」の初回盤についてるDVDの内容といっしょなのね。



<画像をクリックするとAmazonにとびます。>


「ホームにて」は超がつく名曲なのでわかるが、他の2曲については、それほど熱心なファンというわけでもないボクには、いまひとつピンとこない(笑)

とりあえず、『あ・り・が・と・う』(AARD-VARK VF-9012)を引っ張り出して、「ホームにて」を聴く。


20190127-1.jpg


やはり、超がつく名曲である。

「街」での生活の中で、「涙の数」「ため息の数」だけ溜まってゆく「ふるさと行きの乗車券」は、ネオンライトでは燃やせない。

「涙の数」「ため息の数」だけ溜まっていくのは、「ふるさとに逃げ帰りたいという気持ち」だろう。
逃げ帰ることを思いとどまる者は、お酒の力を借りて「街」でのいろんな辛い出来事を紛らす。
そうやって日々の辛い思いを「燃やした」あとに、決して「燃やせない」ものとして残るのは、「自分には帰る場所があり、その場所はいつでも自分を温かく迎えてくれる」という確信だ。

そんな、ネオンライトでは燃やせない「ふるさと行きの乗車券」に、あの頃、どれほど救われたことだろう。
いや、いまでも、どれほど救われているだろう。

沁みる。


「蕎麦屋」「EAST ASIA」にはとくに思い入れがないので(いや、もちろん良い曲だけど、それと個人的に思い入れがあるかどうかは別の話)、「おまえ」と「わたし」という設定(「蕎麦屋」)と言えば、すぐに思い浮かぶ「おまえの家」(『愛していると云ってくれ』(AARD-VARK VX-9002)収録)を聴いてみる。


20190127-2.jpg


この曲、昔からすごく好きなんだな。

あの頃、ほとんど磨くこともなかったギター。
いまもたまに引っ張り出して弾いたりするけど、弾き終わったらすぐに、綺麗に磨いてハードケースにしまい込む。

あの頃は聴いていなかったジャズのレコードを大音量で聴いているときに、あいつが訪ねてきたら何て言うだろう?

ボクは早々に諦めたけど、あいつはどうなのかな?
まだ追いかけてるのかな?

いや、あいつもきっと同じだな。
いまだに夢を追いかけてるとも思えない(笑)
もうずっと会ってないけどさ。

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

REBORN [J-POP]

YouTubeにおススメされるままに聴いてみた山下達郎さんの新曲"REBORN"。





良い曲だなぁ。
MVもすこぶる良いぞ。
門脇麦ちゃんじゃなくても良いMVだったと思うけど、門脇麦ちゃんだからなおのこと良い(笑)

そしたら、麦ちゃんが歌うバージョンてのもあるのね。





なんか、やたら感動して涙が・・・
なにこれ?

あっ、"REBORN"て曲、映画の主題歌ってだけじゃなく、映画の中で麦ちゃんが歌うシーンがあるのね・・・





映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』も、なんだかすごく良さそうでないの。
これは観に行きたいなぁ。
9月23日(土)公開か・・・

CDのほうは、9月13日(水)が発売日とのこと。


<画像をクリックするとアマゾンに飛びます>

CDには、麦ちゃんバージョンも収録されているんだな。
これは買わなくっちゃね。

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ハンバート ハンバート:おなじ話 [J-POP]

どうやら新譜が出るらしく、YouTubeでハンバート ハンバートの最新MVをおススメされた。

ボクはとくに彼らのファンというわけではないので、おススメされて聴いてみても「新譜のほうはまぁそのうちその気になったら聴いてみようか」と思う程度なのだが、その一方で、「ハンバート ハンバート 」という名前を見るともう条件反射的に「おなじ話」という歌が聴きたくなる。

この歌だけは、ものすごーく好きなんである。

ってことで、今日も、YouTubeで聴いてしまった。





歌詞の解釈には、ただ「別れの歌」だとか、「亡くなってしまった恋人(つまり幽霊)との会話の歌」だとか、いろいろあるようだけど、ボクは違う解釈をしている。

歌詞の解釈なんて自由でいいし、むしろ、いろんな解釈を許して、聴き手が自分なりの解釈で共感できるってのが音楽の素晴らしいところだろう。

で、ボクがどんな解釈をしてるかっていうと、これは「夢の話」なんだというもの。
最後のフレーズに謎を解くカギが隠されているんだと思うのだ。

  ♪ さよなら ゆうべ夢を見たよ
  ♪ さよなら いつもおなじ話

「いつもおなじ話」なのはなぜか?
それは、二人の時間がそこで止まっているから。

ここから「亡くなってしまった恋人との会話」なんて解釈も出てくるんだろうけど、「夢の話」だと考えれば、恋人は別に亡くなっている必要はない。
夢の中では、現実に起こりえないことが起こる。

恋人は、単に自分のもとを去っていってしまったのか、それとも亡くなってしまったのかはわからないが、男は喪失感の中で止まったままの時間を生きている。

そして、毎晩、恋人の夢を見る。

  ♪ (男)どこにいるの? (女)君のそばにいるよ
  ♪ (男)何を見てるの? (女)君のこと見てるよ

男には見えていない女、女には見えている男。
現実なら、幽霊だよねぇ(笑)
でも、これは夢の中の話。
だから、そのすぐ後には、男にも女が見えるようになる。

  ♪ それから 僕も君を見つめ
  ♪ それから いつもおなじ話

いつもおなじ話・・・そんな止まった時間がやがて動き出す。

「ずっとそばにいるよ」と言っていた女は、何やら「手紙」を書いていて、「もう行かなくちゃ」と言い、「話をしよう」という男に対して「泣きながらわらう」んである。
そして・・・

  ♪ さよなら いつもおなじ話

もう、女は男の夢には出てこないんだな・・・
止まっていた男の時間が動き出したんである。

夢の中に出てきていつもおなじ話しかしない女性がいるボクにとっては、この歌、実に刺さるのだ。
彼女もいつか、手紙を残して「もう行かなくちゃ」って泣きながら笑うのかな?

それはそうと、この歌が入ったCDを買おう買おうと思いつつ、忘れていた(笑)
良い機会なので、買ってみようかな。

オリジナルはこれに入ってる。


11のみじかい話


でも、15周年記念で去年出たこちらの再録音盤も捨てがたい。


FOLK(通常盤)

両方買うか(笑)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Birthday [J-POP]

忘れられない人がいる。

「忘れようとしても忘れられない」のかどうかは、

忘れようとしたことがないからわからない。


いっしょに誕生日を祝ったのは、もう5年前?

あの日、プレゼントの中に、CDを一枚紛れ込ませた。


毎年一枚、彼女の誕生日には、

素敵なBirthday Songを見つけて贈るつもりだった。


逢うことがなくなって忘れていたけど、

この歌に出逢って思い出した。





     ♪ 愛を伝えたいよ
     ♪ この世界で
     ♪ あなたに会えたよろこびを
     ♪ 心が小さく震えながら光るのをいつか
     ♪ あなただけに見せたい


20170420.jpg




"Birthday" by 阿部芙蓉美






<画像をクリックするとAmazonにとびます。>

タグ:阿部芙蓉美
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽