So-net無料ブログ作成
ドラマ ブログトップ
前の5件 | -

大恋愛~僕を忘れる君と [ドラマ]

金曜の夜、TBSテレビで放映されていたドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』の最終回を観た。

大号泣した(笑)

大号泣したのは、ビデオ・カメラの映像を観るシーンと、最後に一度だけ訪れる奇蹟のシーン。
ここは泣くよね、絶対。

って、そうでもないのかな?

「運命の恋」を信じるわけじゃないけど、重度の知的障害があって言葉を話すことさえできないユウのことをずっと愛し続けているボクにとって、真司の尚に対する愛情は、「所詮ドラマのなかの話」ではないリアリティがあった。

あまりに感動したもので、この週末は、録画保存してある第一話から観なおしていた。

二回目の最終回でも、大号泣した(笑)

back numberの歌う主題歌『オールドファッション』も発注してしまったよ。
『ヒロイン』以降のシングルは買ってなかったんだけどな。



<画像をクリックするとAmazonにとびます。>

タグ:back number
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

手を繋ぐこと [ドラマ]

ゲリー・ウェバー・オープン準決勝は、フェデラー選手の敗退については予想の範囲内だったものの、ティエム選手の敗退はビックリだった。
それにしても、ズベレフ選手はやっぱり良い選手だなぁ。


テニスの話はおいといて、ドラマ『お迎えデス。』最終回の話である。
といっても、すごーく限定的な部分についての話だけどさ(笑)

第8話で千里(門脇麦)は、円(福士蒼汰)との最後のデートで思い出作りをして、それから自分の気持ちを告白をして、思い残すことなく成仏したはずなのだが、一つだけ叶えられていない願いがあった。

そう、円と「手を繋ぐこと」は、結局できなかったのである。

最終回、「あの世」に潜入した円は、任務を果たしたあと、千里に会いにゆき、今になって気づいた高校時代の自分の思いを告げる。

そして最後、「この世」に戻る別れ際に、千里が差し出した手をしっかりと握り返す。

この後の千里の表情が実に良いんだなぁ・・・
なんだかキュンとしてしまったよ(笑)

好きな人と「手を繋ぐこと」が最大の課題だったのは、中学とか高校とかの頃なわけで、あのころの甘酸っぱい思い出がこれでもかと押し寄せてきてしまった(笑)

手を繋ぐといったら、back numberの「わたがし」なんかもすぐに思い浮かぶのだが、やっぱり脳内再生されるのはこの曲なのである。





安藤裕子さんの「のうぜんかつら(リプライズ)」だ。

この曲が収録された安藤裕子さんの2ndフルアルバム「Merry Andrew」(2006年作品)は、昨年(2015年)11月3日のレコードの日に2枚組LPとしてアナログ化された。
オリジナルはCDリリースなので、もちろん初アナログ化である。

大好きな大名盤なので、ボクはもちろん、大喜びで購入した。


20160619.jpg


「のうぜんかつら(リプライズ)」はラストの曲なので、LPだと当然最内周で音質的に不利なのだが、実はこのLP、D面は3曲しか収録されておらず(時間的には13分もない)、真ん中辺りまでしか溝が切られていない。
つまり、最内周の問題を回避しているのである。

でもって、CDとはまったく別物の音になっている。
ボクは、この曲はもう、アナログでしか聴けない。

ちなみに、HMVのオンラインなら、このアナログ、まだ買えるみたいです。(2016年6月19日現在)

http://www.hmv.co.jp/artist_%E5%AE%89%E8%97%A4%E8%A3%95%E5%AD%90_000000000222307/item_Merry-Andrew_6619871

タグ:安藤裕子
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

気になる女の子 [ドラマ]

気になる女の子がいる。

それも二人。

外見も性格もまったく正反対の二人。

でも、どっちの子も、同じくらい気になるのだ。

それは・・・


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ラヴソングの結末 [ドラマ]

すでに5日も経っているが、ドラマ『ラヴソング』の結末の話。

あれって、やっぱり、「広平とさくらは、それぞれ別の道を歩き始めた」って解釈する人が多いのかな?

ボクは、全然違う解釈をしていたんだけど、そんな解釈を聞いたんで・・・


でもさ・・・

広平がさくらを見つけたとき、さくらが歌ってたのは、この歌だよ。





この歌なんだよ。





真美の結婚式のために作った「Soup」ではなくってさ。


「好きよ 好きよ 好きよ」は、広平とさくらをつなぐ歌だし、さくらがこの歌をうたっている限り、二人はつながっている・・・と思うんだけどな。

だから、あのラストシーンは、「さくらが音楽を続けていた」ってこと以上の意味があると思うのだ。

「恋の行方」はまったく不明だけど、少なくとも音楽では、やがて二人で同じ道を歩いてゆくことを暗示しているラストだと解釈していたんだけど・・・

えっ、違うの?σ^_^;

タグ:藤原さくら
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

トリちゃん [ドラマ]

先日、ドラマ「掟上今日子の備忘録」がらみで、「ガッキーみたいな娘が欲しい」みたいなことを書いたが、実を言うと、娘にしたいタレントNo.1(あくまで個人的意見です 笑)はトリちゃん(トリンドル玲奈)である。

ってことで、おそろしく深い時間なのだが、トリちゃんの連続ドラマ初主演となる「いつかティファニーで朝食を」(日本テレビ)は必ず観ている。
もちろん、リアルタイムではなく録画して観ているのだが。

このドラマ、トリちゃんが主演ということだが、彼女を含む高校時代からの親友4人組が主演という感じで、その親友の中には森カンナさん(プロミスのCMでマネージャー役をやってる女性と言ったらすぐわかるよね)もいる。
森カンナさんは、昨年、石原さとみさん&松下奈緒さんのW主演で話題を呼んだラブ・コメディー「ディア・シスター」で、松下奈緒さん演じる主人公の親友役で出演していたのを見て、かなり好きになった。

好きになったといっても、女性として魅力的だと思ったわけではない。
また、ガッキーやトリちゃんみたいに、「こんな娘がいたらいいな」と思ったわけでもない。
しいて言えば、「こんな女友達が欲しいな」と思ったってところだろうか。

女性として好みのタイプといえば、親友4人組の中ではダントツで新木優子さんである。
クール・ビューティな感じがたまらない(笑)
ドラマの中の彼女は、ガストやゼクシィのCMで見る彼女とはかなり印象が違って、あの雰囲気でそばにいたらとても子供扱いはできないようなオーラがある。

でも、今調べてみたら、年齢はトリちゃんより若い21歳だ。
職場に21歳くらいの子ってたくさんいるけどなぁ・・・
やっぱりお父さん目線で、娘のようにしか見られないな。
新木優子さんみたいな子がいたら、ドキドキしそうだな(笑)

とまぁ、出演している女の子目当てで観るのもいいのだが、このドラマ、映像の質感がフィルムっぽい(つまり映画っぽい)のもいい。
それに、毎回、おいしい朝食が食べたくなって、いろんなことを諦めたくなくなるのもいい(笑)

やっぱり、朝食って大事だよね。





ほらね。
おいしい朝食が食べたくなったでしょ?(笑)

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - ドラマ ブログトップ