So-net無料ブログ作成
ジャケ買い倶楽部 ブログトップ

Carolyn Hester [ジャケ買い倶楽部]

「ディランが好きなのに、キャロリン・へスター(Carolyn Hester)知らないって、ありえないんじゃない?」って言われそうだが、知らなかったんだから仕方がない。

ディランについて書いたものを読んだときに、どこかでその名前を目にしたことはあったんだろうけど、ボクの記憶にはまったく残っていなかった。

だから、先日、エサ箱でこのジャケットとめぐり逢ったとき、「これで、『ジャケ買い倶楽部』メンバーとしての責任が果たせる!」とほっと胸をなでおろしたのである。


20190729-01.jpg


帰宅していろいろ調べているうちに、知らなかったはずがないと思い始めたのだが、いやでも、少なくともこんなジャケットはまったく記憶にない。
それは確かだ。

それに、少なくとも、YouTubeや、最近ではSpotifyとかでも、一度も聴いたことがないミュージシャンであることには間違いない。
それも確かだ。


ジャケットについては、調べているときに目にしたUSオリジナル盤のアートワークは、なんとなく見たことがあった気もした。

でも、今回手に入れたのは、USオリジナルとはジャケット違いのUK盤なのだ。
知ってるかもしれないミュージシャンだと気づかなくても、仕方ないじゃないか。

ということで、これもまた「ジャケ買い」なのである(笑)


それに、US盤のジャケットより、このUK盤のジャケットのほうが、はるかにボクの好みにかなっている。

ジャケットの写真もこっちのほうが良いし、右側にあしらった名前のフォントと大きさと色がいい。
US盤ジャケットより、10倍くらい好きである。

レーベルだって、英CBSのオレンジ・レーベルで、しかもテクスチャー加工のおまけつきだ。
これまた、US盤より魅力的じゃないか。
しかも、MONOだし。


20190729-02.jpg


内容のほうも、これがまた、なかなか素晴らしい。

ギター、ベース、バイオリン、ハーモニカあたりが適宜伴奏を奏でる、大きく分ければフォーク・アルバムなのだが、カントリー、クリスチャン、ブルース、スパニッシュ、トラッドと、実にバラエティに富んでいて、まったく飽きさせない。

特に気に入ったのが、ディランもハーモニカで参加しているブルース"COME BACK, BABY"(激しく自己主張するディランのハーモニカのロングトーンは必聴!)と、無伴奏トラッド"GALWAY SHAWL"だ。


いやぁ、ジャケ買いって、ホントにいいもんですね。

タグ:Carolyn Hester
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Genya Raven [ジャケ買い倶楽部]

これまで何度か、ジャケ買い(内容をまったく知らないレコードをジャケットが気に入ったという理由だけで購入すること)したレコードのことを記事にしたことがあったが、ボクはそれほど頻繁にジャケ買いをするほうではなかった(と思う)。

月に1度、年に12回ほど、レコード・ショップをのぞきに行くとして(実際は、もうちょっと行ってるかもしれない 笑)、そのうちジャケ買いの買い物があるのは、1回か2回だったんじゃなかろうか。

それが、ここ最近、レコード・ショップをのぞけば必ず1枚はジャケ買いをしている。

ジャケットには惹かれても、中身が気に入る保証はないので、もちろんあまり高い買い物はしない。
なんとなく、上限が3000円くらいまでで(ジャケットがどのくらい気に入ったかで出せる金額は変わるよね 笑)原則は1000円以内、というような基準が自分の中にできている。

で、この前の水曜日、仕事が終わった後ちょこっとレコード・ショップをのぞいたときも、1枚、ジャケ買いを決めたレコードがあったのだが、そのとき、ふと、「レコード・ショップをのぞいたときには、必ず1枚はジャケ買いをする」というルールを自分に課そうと考えた。

「ジャケ買い倶楽部」発足である(笑)

ルールは上記の2つに公表義務を加えた3つだ。すなわち、

1 レコード・ショップをのぞいたときには、必ず1枚はジャケ買いをしなければならない。
2 価格は原則1000円以内だが、ジャケットの気に入り具合で、上限は3000円(一応税抜き価格で 笑)。
3 ジャケ買いしたレコードは、「#ジャケ買い倶楽部」というハッシュタグをつけて、ツイッター上でつぶやかなければならない。

多くの音楽好きの方のご参加をお待ちしております(^^)


では、ボクの最新のジャケ買いを紹介しよう。

1972年にリリースされたジェニア・レイヴァンもしくはジェニア・レイヴン(Genya Raven)―ポーランド出身だが、2歳のときには両親とともに渡米しているので、アメリカのシンガーでいいかな?―のファースト・ソロアルバムである。
USオリジナル(Columbia C 31001)で、プロモ盤だ。


20190714-1.jpg


Timing Stripのせいでジャケットの魅力が半減しているが、まぁ良しとしよう。

ちなみに、WLPではなかったが、そもそもWLPが存在するのかどうかわからない。


20190714-2.jpg


Runoutを見ると、Matrix末尾は1A/1Aでピットマン工場産だった。
WLPじゃないとはいえ、製造工場まで含めて真正オリジナル・ファーストプレスである(笑)

さて、内容のほうだが、ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)を彷彿させる歌唱が素晴らしい。
プライスタグには「スワンプ名盤」と書かれていたので、ボクが知らなかっただけで、日本でもそれなりに知名度のあるアーティストなのかもしれない。
(Goldie & the GingerbreadsやTen Wheel Driveのシンガーだったと言われても、そもそもボクはそのバンドを知らない 笑)

レイ・チャールズ(Ray Charles)の"What Kind of Man Are You"(A1)、スティーヴン・スティルス(Stephen Stills)の"Sit Yourself Down"(A2)、フェイセズ(Faces)の"Flying"のカバーは、ゴスペル・コーラスとともに歌い上げるスワンプだが、"I'm in the Mood for Love"(A4)ではまさにジャズ・ボーカルのような表情を見せるし、レナード・コーエン(Leonard Cohen)の名曲"Bird on the Wire"はストリングスをバックに切なく歌い上げている。
マイケル・オラトゥンジ(Michael Olatunji)がアフリカン・ドラムをディレクションしている"Takuta Kalaba / Turn on Your Love Lights"なんてのも収録されていて、実にバリエーション豊かだ。

ってことで、このレコード、かなり気に入ったのである。

ジャケ買いって、内容も気に入る確率、けっこう高いよね?

さぁ、みなさんも、ジャケ買い倶楽部に参加しましょう(^_-)-☆

タグ:Genya Raven
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Mary Coughlanて知ってる? [ジャケ買い倶楽部]

メアリー・コフラン(Mary Coughlan)―「コクラン」という表記を見かけるが、YouTubeで観られる動画で本人が「コフラン」と発音していたので、「コフラン」としておく―というアイルランドのシンガーのことは、まったく知らなかった。

先日紹介したIrina Milanといっしょに、1987年にリリースされた彼女のセカンド・アルバム”Under the Influence”もジャケ買いしたのだが、そこで初めて知ったのであった。

ジャケ買いにもいろいろあって、ジャケットのアートワークそのものが部屋に飾っておきたいくらい気に入ってしまうということもないわけではないが、むしろ、アートワークそのものはそれほど好みじゃなくても、その雰囲気から収録されている音楽の内容を推測して、なんとなく気に入りそうだから買ってみる、というパターンのほうが圧倒的に多い。

メアリー・コフランのこのレコードも、そっちのパターンのジャケ買いだった。


20190505-01.jpg
20190505-02.jpg


ボクが買ったのはドイツ・プレスのEU盤(WEA MRLP 6, WX 116, 242 179-1)だったが、Discogsで調べると、どうやら純正アイルランド盤(EU盤のMRLP 6というのはアイルランド向けのレコード番号なので、どっちが先かわからないが、アイルランド本国でも、EU盤と純正アイルランド盤がともに流通していたのだろう。)というのもあるらしい。
しかも、ジャケ違いで、盤もブラウンの半透明盤だというから、なんだがすごく欲しくなる(笑)

ドイツ・プレスEU盤のレーベルはこんな感じだが、純正アイルランド盤のほうはDiscogsにも画像がないのでどんなものかわからない。


20190505-03.jpg
(あえてFifteen Only収録のSide 2 笑)


EU盤には、参加ミュージシャンのモノクロ写真と歌詞が表裏に印刷されたインナースリーブが付属するが、アイルランド盤のほうはDiscogsの記載によれば歌詞インサートらしい。

いずれ、純正アイルランド盤が入手できたら、画像付きで紹介しよう(笑)

手持ちのEU盤のRunoutは次の通り。

R/S Alsdorf 242179-1 A3
R/S Alsdorf 242179-1 B3

R/S Alsdorfというのは、Record Service Alsdorfというドイツにあったレコード製造工場だ。
このほかJKという手書きのイニシャルがあり、これはエンジニアのサインだろう。
(Discogsでは、Record Service AlsdorfにJKというイニシャルのマスタリング・エンジニアがいたことまでしか確認できなかったが、JKというのは、ミュンヘンでJK's Mastermix StudiosをオープンさせたJürgen Koppersだろうか?)

A3/B3というのは、もっと若いMatrixがありそうだが、ドイツ・プレスEU盤はもうこれでいいや(笑)
十分に良い音だしね。
それより純正アイルランド盤が欲しい。


さて、内容のほうだが、聴けば聴くほど気に入ってしまった。

冒頭、イリアン・パイプス(バグパイプの一種)のドローンがフェードインしてきて、エコーのかかったドラムが響いたときには、同時期のU2やSimple Mindsみたいな音が飛び出してくるのかと思いきや、テナーが登場して、がらりと景色は変わる。

A1の”The Laziest Girl”は、ジャケットのアートワーク同様のアンニュイな雰囲気が漂うジャズだ。
知らない曲だったので調べてみたら、コール・ポーター(Cole Porter)作で、映画『舞台恐怖症』の中でマレーネ・ディートリヒ(Marlene Dietrich)が歌っているのをYouTubeで聴くことができたのだが、圧倒的にメアリー・バージョンが良い(笑)

同じようにアンニュイな雰囲気が漂うジャズには、ビリー・ホリディ(Billie Holiday)の”Good Morning Headache”(A7)やペギー・リー(Peggy Lee)の”Don’t Smoke in Bed”(B3)のカバーや、12インチでもリリースされたB5の”Blue Surrender”があるが、では、これはジャズ・アルバムなのかというとそうでもない。

A4の”Parade of Clowns”は、ビートルズ(The Beatles)の” Being for the Benefit of Mr. Kite! “を髣髴とさせるような楽曲だし、A6の”Ride On”は(友人曰く「荻野目洋子が歌ってそうな」)いかにも80年代という感じのポップスだ。

そうかと思えば、アコーディオンが入ってくるA5の”My Land Is Too Green”やB4の”A.W.O.L.”なんかは古いフレンチ・ポップみたいな感触がある。

そして、なんといってもB1の”Fifteen Only”である。
ストリングスをバックに歌われるアイリッシュ・トラッド風味の2分ほどの曲だが、これがもう実に沁みる。
ボクは、この曲がとにかく好きなんである。

で、あれこれと調べていたら、昨年リリースされた彼女のライブ・アルバム"Live & Kicking"が、この曲の無伴奏独唱バージョンで始まることを知った。
これはもう買わないわけにはいかないよね。

HMVにはなかったが、Amazonには最後の1枚が在庫ありだったので、無事入手できた。


20190505-04.jpg


このCDはまだ聴きこんでいないが、編成的に、ジャズ寄りのポップスというか、ポップス寄りのジャズというか、これはこれでボクの好みに合っている。

そうそう、”Fifteen Only”の無伴奏独唱は、YouTubeで聴けるので貼り付けておこう。





ねっ
沁みるでしょ?



(クリックするとAmazonに飛びます。)



タグ:Mary Coughlan
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Irina Milan, Milankoliaのフィンランド・オリジナル [ジャケ買い倶楽部]

記事にしたいネタはいくつかあるのだが、いざ書こうとすると説明が億劫になってしまって書けないσ^_^;

ってことで、木曜日に仕事が終わったあと、RSDの残りものの中に欲しいものが残ってないかとレコード・ショップに行ったときに拾ってきたものの紹介で、お茶を濁すのである(笑)
(RSDものについては、ボクの欲しかったものはやはり残っていなかった 涙)

今日紹介したいのは、Irina Milanの"Milankolia"という1974年リリースのアルバム(Blue Master Special ‎SPEL 313)だ。


20190421-1.jpg


って、ボクも、まったく知らないレコードをジャケ買いしただけなので、詳しいことはわからないのだが。
詳しいことどころか、名前の読み方さえわからない。
そのままイリーナ・ミランでいいんだろうか?

とりあえず調べてみると、この人、フィンランドのシンガー&女優らしい。
1970年代に5枚ほどアルバムをリリースしている(その後にも、かなり間隔をあけてリリースはある)。

レコード・ショップで見つけたときもフィンランドのシンガーだというようなことは書いてあった。
北欧というと、この前アンニ=フリッド・リングスタッド(Anni-Frid Lyngstad)(ABBAのメンバー)のソロにハマったことを思い出し、あんな感じの内容なら気に入るに違いないと思った。

それにジャケットである。

上記のジャケット写真を見て、そんなに良いか?と思ったあなた!
その意見を認めるのも吝かではない(笑)
ボクが気に入ったのは裏ジャケなんである。


20190421-2.jpg


写真部分を拡大してしまおう。


20190421-3.jpg


このフィンランド・オリジナルが1640円で落ちてたら、まぁ拾うでしょ(笑)

って、Discogsで調べてみると、そもそも本国フィンランドでLPとカセットがリリースされた以外は、海外でのリリースもなく、CD化もされていないようである。
つまり、そもそもこの世にオリジナル盤しか存在していないのか?

いや、それでも、ファーストプレスとかセカンドプレスとかいうのはあるかもしれない。
とりあえずレーベルを確認してみるのだが・・・


20190421-4.jpg


フィンランド盤なんて一枚も持ってないので、レーベルでファーストプレスかどうかの判定なんてできるわけないだろー
Discogsに出ているレーベルと同じものだと確認できたので、もうファーストプレスと認定してしまうのである。
Runoutも枝番なしのPP125/PP126の凸マトのみで、音も鮮度抜群だし。


ちなみに、このレコードを買う決め手になったことが、裏ジャケット以外にもう一つある。


20190421-5.jpg
(赤い点の落書きは前所有者が気に入った楽曲につけたものか?)


レオン・ラッセル(Leon Russel)の"A Song for You"をやってるんである。
しかも、フィンランド語のタイトルになってるってことは、フィンランド語カバーってことだろう。
こりゃ、どうしても聴きたくなるよね。

ほかにも、サイモンとガーファンクル(Simon & Garfunkel)の"Keep the Customer Satisfied"やバート・バカラック(Burt Bacharach)の"One Less Bell To Answer"と"A House Is Not A Home"のメドレーをやってたり(どちらもフィンランド語)するし、B面におさめられているオリジナル曲らしきものも含めて、アルバム全体をかなり気に入ってしまった。

RSDのお祭り騒ぎもいいけど、ボクにとっては、こういうレコードとの出逢いこそが、レコード・ショップに足を運ぶ理由なんだよなぁ。

タグ:Irina Milan
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Ramblin' Boys期間限定復活 [ジャケ買い倶楽部]

かつて下北沢にあったアメリカン・ルーツ・ミュージックを扱うレコード店"Ramblin' Boys"(ランブリンボーイズ)が、NOAH LEWIS' RECORD(ノアルイズ・レコード)店内の一角で、今日まで期間限定復活している。

アメリカン・ルーツ・ミュージックには疎いのだが、フォークやトラッドの浅瀬で水浴びぐらいはしてきたので、決して興味がないわけではない。

ってことで、少し時間がとれた木曜の夕方に、下北沢まで足を運んでみた。

とはいえ、疎いジャンルなので、ほとんどが聴いたことがないどころか見たこともないレコードである。
こんなときにすることは決まっている。
そう、ジャケ買いである(笑)

一応、ジャケで選んだあと、ちょこっと中身を聴かせてもらって買ったんだけどね。


20170805-1.jpg


で、ジャケ買いしたのはこの2枚だ。

手前がPeggy Seeger, Different Therefore EqualのUK盤(Blackthorne Records ‎BR 1061)、奥がJudy Mayhan, Rockin' The CradleのUS盤(Horizon Records WP-1605)。

Peggy Seegerも良かったのだが、すこぶる気に入ったのがJudy Mayhanのほう。
アイルランド・フォーク、スコットランド・フォーク、アパラチアン・フォークが、ダルシマー(これはJudy自身が演奏している)やアコースティック・ギター(Jake Ander)の伴奏でシンプルに歌われているだけなのだが、これが実に沁みるんだな。

ラミネート・コーティングされたジャケットがまた素晴らしい。


20170805-2.jpg


おまけに、イエロー(ゴールド?)盤である(笑)


20170805-3.jpg


内容の素晴らしさとともに、アナログで所有する喜びを感じることのできる一枚なのである。


こんなレコードとの出会いがあると、フォークやトラッドの世界にも、もう少しだけ深く足を踏み入れてみようかと思ったりする(とんでもないことになるので奥地には絶対に行きませんよ 笑)のだが、Ramblin' Boysさん、本格的に復活してくれないかなぁ?

せめて、定期的な期間限定復活は実現してほしいものである。

タグ:Judy Mayhan
コメント(0) 
共通テーマ:音楽
ジャケ買い倶楽部 ブログトップ